全身くまなく無限パーツをまとったシビックタイプR。流れるウインカーも開発【シビック タイプR用無限パーツ】

●実効効果の高いエアロパーツやエキゾーストでシビック TypeRの実力を高めたモデル

無限が手掛けたパーツを全身にくまなく装着したシビック タイプRをチェックしてきました。これはツインリンクもてぎで行われた『ワークスチューニンググループ合同試乗会』で取材したものとなります。

フロントにはカーボングリルとアンダースポイラー、フロントバンパーガーニッシュをセットしています。グリルとスポイラーには無限エンブレムも着いてますよ。

ボディの横面ではサイドガーニッシュが目に入ります。これは標準装備の物に対してプラスアルファする形で装着するもの。

あえてノーマル部分を一部見せることで、ギュンギュンに追加アーマー感を強調したものになっています。

ミラーにはカーボンドアミラーカバーを装着。UVカット加工がされていて、色あせを防止する工夫も。

前後のアルミホイールはMDCFという名前がついたもの。20インチ・8.5Jというサイズ。インセット45とインセット53の2種類を設定しています(2019年10月下旬発売予定)。

リアに目を移すととんでもなく巨大なウイング形状のスポイラーが目に入ります。これは開発中のものでした。

リアバンパーの下にはディフューザー形状を採用したリアアンダースポイラー。これまたバッキバキに強烈な形状をしています。あえて艶ありブラック塗装としたことで軽快感を出してますね。

点灯部分を大きく変更したテールライトユニットも用意してます(2019年10月下旬発売予定)。なお、ウインカーはたおやかに流れるタイプ。

インテリアではスポーツステアリング(2019年10月下旬発売予定)や無限のシフトノブを装着しています。

試乗をしてみると、開発中のスポーツエキゾーストシステムが採用されており、下のほうの回転から佐藤浩市ばりに低音が魅力なサウンドを響かせます。

一方でVTECが本領を発揮するような回転域になると、甲高い音に変化するのが魅力的でした。

シフトにはショートストローク化と操作感を向上させるクイックシフターがセットされており、ノーマルよりもやや重厚な操作フィールとなっていることが印象的でした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ホンダ』の最新記事

ミニバンにSUVのテイストを! ホンダ フリードに新グレード「クロスター」が登場【新型フリード登場】
ホンダ フリードがマイナーチェンジ。5ナンバーサイズでも豊富なシートアレンジも実用的【新型フリード登場】
【ホンダ2020春夏ライティングギア】機能性に富んだウェアや、人気バイクをイメージしたヘルメットに注目
【ホンダ・ジェイドRS 試乗】想定以上に機敏なハンドリングと元気のいい直噴ターボエンジン
【新型インサイト】カスタムパーツもすでに準備済み。18インチホイールはぜひとも履きたい

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事