走行中の姿をキャッチ! VWの新型EVハッチ「ID.3」は550km航続も可能【動画】

●日産 リーフ、ヒュンダイ アイオニックとのテスト走行を撮影

VWはフランクフルトモーターショー2019で新型EVハッチバック『ID.3』を発表しましたが、はやくもその走行シーンをビデオが捉えました。

VW I.D.3 外観005
VW I.D. 3 開発車両

日産『リーフ』、ヒュンダイ『アイオニック』とともに同社開発施設から姿を見せた開発車両は、まだカモフラージュが厳重に施されています。しかし、発売を記念する『1STスペシャルエディション』はすでに生産台数3万台が予約完了するなど人気が過熱しています。

VW I.D.3 外観003
VW I.D. 3 開発車両

ID.3は「MEB」(モジュラー・エレクトリックドライブ・マトリックス)プラットホームを採用。新しい燃費計測基準のWLTPモードにおいて、330~550kmの航続を実現する45kWh、58kWh、77kWhの3つのバッテリーパックが用意されます。また最高出力は201ps・最大トルクは310Nmを発揮、99,420マイル(160,000km)、または8年間のバッテリー寿命の保証が付けられるといいます。充電では、出力125kWhの急速チャージャーを利用すれば、30分以内にバッテリー容量の80%を補充できます。

フランクフルトモーターショー2019でワールドプレミアされた後、2019年末から生産に入り、2020年半ばにデリバリー開始が予定されているようです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

フラット6サウンド高らかに疾走。「新型ポルシェ 911 GT3」のニュル高速テストを撮った!
ドローンで撮影成功! アウディ・A4改良型プロトタイプの市販型デザインが見えてきた
ホンダ・フィット次期型、ワインディングロード走行を目撃。大型ディスプレイも見えた!
スバル?マツダ? あの「コピー車」MG X-Motionの実車が走った!
トラブル発生? 発売前のBMW「4シリーズ カブリオレ」が走行前にレスキューを要請

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事