クローム「マシマシ」で全身キラーン!  タント カスタムの個性をさらに引き出す純正用品も豊富にラインアップ【新型タント試乗】

●車体の軽量化やさまざまな新機構を設定し、ライバルと差別化

ダイハツの新型タント カスタムは、同車伝統の「ミラクルオープンドア」(フロントヒンジドア&リヤスライドドアをBピラーレスで実現)を継続採用しました。開口部幅は約1.5mと巨大で、使い勝手は非常に良好です。

運転席を前後に540mmもスライドすることができる機構を設定して、ライバルたちとの差別化を図っていることもニュースです。

さらに、各種装備を追加しながらも高張力鋼板を採用した新プラットフォームを導入したことによって、車両全体で約80kgも軽量化(カスタムRSグレード対比)するなど、ハードウェアの進化具合は目覚ましいものがあります。

その新型タント カスタムにはその内外装をよりブラッシュアップする純正のカスタマイズ用品が用意されていますので、ここでいくつか紹介しますね。

まずはエクステリアからチェックしていきます。フロントではメッキのフードガーニッシュやLEDフォグランプキット、フロントバンパーロアガーニッシュなどが設定されています。

サイドではメッキのサイドスカートモールが用意されます。

リヤではバックドアスポイラーやバックドアガーニッシュが準備されました。

同じくリヤの下面ではリヤリフレクターガーニッシュやリヤバンパーロアガーニッシュなどが目立ちます。これらエクステリアパーツは、タント カスタムがもともと持っているリッチなテイストをさらに大きく進化させるものです。

インテリアでも多くのパーツが用意されていますが、ブラック/ホワイトのプレミアムシートカバーは車内の印象をずいぶんと変化させてくれるので注目のアイテムです。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『ダイハツ・タント』の最新記事

標準より個性的、カスタムより主張しない「バランス良い子」ちゃん【新型タント 純正用品モデル装着車】
高齢化社会を見据えた使い勝手向上。ベースモデルと同時開発だから実現できた機能とは?【新型タント福祉車両】
【新型タント カスタム試乗】使い勝手の良さはそのままに、派手なライト類が特徴の「カスタム」

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事