BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】

BMW X7

ゆとりの3列シートを備える巨大なSUV

BMWは、最上級ラグジュアリーSAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)の新型車「X7」を6月24日より導入し予約受注を開始した。

このBMW X7は、全長5165×全幅2000×全高1935mmという同社が多数ラインナップする中でもトップモデルとして用意されるフルサイズSUV。3105mmというホイールベースを活かし、3列シートを備え7名乗車を基本に、オプションではよりラグジュアリーな空間とゆとりを感じさせる6名仕様も用意する。

直6ディーゼルターボとV8ツインターボをラインナップ

グレードは、3リッター直列6気筒ディーゼルターボを搭載する「X7 xDrive 35d」と、V型8気筒DOHCターボ(ガソリン)を積む「X7 M50i」の2モデルを導入。「X7 xDrive 35d」には、ベーシックモデルのほか、“デザイン・ピュア・エクセレンス”と“M Sport”と3グレード用意される。車両本体価格(消費税8%)は、X7 xDrive 35dで1079万円から1242万円、X7 M50iは1566万円となっている。

正確な運転支援システムにより、高速道では手を離すことも可能

このX7に限らずだが、最新のBMWは、他社よりも正確性が増した最先端の運転支援システムを搭載しているのも特徴だ。高性能3眼カメラとプロセッサー及びレーダーによって、ACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)やレーン・ディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)&レーン・キープのほか、衝突回避や被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付き)などを搭載し、ドライバーの疲労軽減はもちろん、安全面を支援してくれる。

さらにハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援機能も搭載。これはBMWがはじめて国内許可を取得した機能で、高速道路の渋滞時、ステアリングから手を離して走行が可能になるというシステム(レベル2)。“周囲の道路交通や車両の状況に応じて直ちにハンドルを確実に操作することができる状態にある限り”という前提ではあるものの、長い渋滞時では、確実にドライバーの負担を軽減することは間違いない機能である。

もちろん、すでに導入済みのAIによるBMWインテリジェント・パーソナル・アシストも搭載している。「OK, BMW」だけでなく、任意で言葉を設定できることも特徴で、これを使用すれば、各種機能やサービスを起動。学習機能も備えているだけに、長く乗り続けるほどにドライバーのパートナーとして、より一層役立つようになる。

快適性を優先した「35d」と、スポーティさが特徴の「M50i」

今回の主力モデルとなる「X7 xDrive 35d」に搭載される直列6気筒ディーゼルエンジンは、2000rpmから最大トルクの620Nmを出力するだけに、日常でもストレスのない加速が得られることは確実だろう。しかも必要に応じて上下40mmの間で車高を自動調整する4輪アダプティブ・エア・サスペンションや、カメラによって進行方向の路面状況を確認し、ダンパー調整やロール量を最適化するエグゼクティブ・ドライブ・プロを採用していることもあり、“常に滑らかな乗り味を実現する”と、BMWは自信満々だ。

トップグレードの「X7 M50i」は、その名に相応しく、530psの最高出力を誇り、0→100km/h加速4.7秒を可能とする動力性能が特徴。デザイン面でもスポーティさを際立たせるセリウム・グレー・キドニー・グリルやミラーキャップ、エアブリーザーでパワフルさを演出し、Mスポーツ・エキゾースト・システムともにBMWらしい、スポーティなアプローチで魅了する。

【車両本体価格】
X7 xDrive 35d:1079万円(消費税8%)/1099万円(消費税10%)
X7 xDrive 35d デザイン・ピュア・エクセレンス:1206万円(消費税8%)/1229万円(消費税10%)
X7 xDrive 35d M Sport:1242万円(消費税8%)/1265万円(消費税10%)
X7 M50i:1556万円(消費税8%)/1595万円(消費税10%)

【SPECIFICATION】

BMW X7 xDrive 35d

ボディサイズ:全長5165 全幅2000 全高1835mm
ホイールベース:3105mm
車両重量:2420kg
車両総重量:2805kg
エンジン:直列6気筒DOHCコモンレールディーゼルターボ
総排気量:2992cc
最高出力:195kW(265ps)/4000rpm
最大トルク:620Nm/2000 – 2500rpm

BMW X7 xDrive M50i

ボディサイズ:全長5165 全幅2000 全高1835mm
ホイールベース:3105mm
車両重量:2580kg
車両総重量:2965kg
エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ
総排気量:4395cc
最高出力:390kW(530ps)/5500 – 6000rpm
最大トルク:750Nm/1800 – 4600rpm

【問い合わせ】
BMWカスタマー・インタラクション・センター TEL  0120-269-437

(GENROQ Web編集部)

『読み上げ動画』の最新記事

ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】
85歳以上の運転免許人口は10年間で約3倍に! やっぱり高齢化はクルマ社会にも到来していた!! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事