【エクリプスクロス ディーゼル】トルクはガソリンの6割増し! 納得の加速感でした

●「速いけれども大人なフィーリング」になったエクリプス クロスのディーゼルエンジンモデル

三菱のSUV・エクリプス クロスに新たにディーゼルエンジン搭載車が登場しました。

エクリプス クロスは横置き4気筒エンジンを搭載した、FFもしくは4WDの駆動方式を採用するコンパクトSUVです。ちなみにディーゼルエンジン搭載車は全て4WDとなります。

ボディサイズはホンダのヴェゼルやトヨタC-HRよりは大きく(とりわけ全高)、フォレスターよりは小さいといった個性的なサイズ感になっています。全高が4405mmで全幅が1805mm、全高が1685mmです。

試乗したのはブラックエディションと呼ばれるモデル(342万4680円)。これは通常のモデルに対してフロントグリルやドアミラー、そしてアルミホイールに前後スキッドプレートなどがブラックマイカの塗装になるというものです。

エクリプス クロスの外観での特徴はリヤにあります。大きく寝かされたメインウインドウの他に、ガーニッシュを挟んだ下部にエクストラウィンドウが備わっています。

これによってスタイリッシュな外観と良好な後方視界を得ることに成功しています。

エンジンスタートボタンを押すとメーターの上部からヘッドアップディスプレイのモニターがせり上がってきます。ちなみにこのヘッドアップディスプレイはエクリプス クロス全車に標準装備ですが、国内の三菱車としては初めての採用でした。

エクリプス クロスには1.5Lの直噴ガソリンターボエンジンもラインナップされています。これは150psの最高出力と24.5kgの最大トルクを持っています。

これに対して2.2Lのディーゼルターボエンジンは145ps&38.7kgmというスペックとなっており、出力に関してはガソリンに5ps譲りますけれどもトルクに関しては実に60%増しと言う大盛り状態なんです。

車外で音を聴いている際にはディーゼル特有のサウンドがやや大きめに聞こえていましたが、乗り込んでしまえば音のレベルは(当然ですが)大きく下がります。また、音質自体も低いものになっており好印象です。

一般道を60km/hで巡航している際のエンジン回転数は1300rpmほど。一定速度での巡航体制に入ってしまえばエンジン音はほとんど聞こえなくなります。

ステアリングコラムに装着されたパドルシフトを使って8ATをマニュアル操作でギヤダウンしつつ、加速をしてみます。重低音の効いたサウンドを放ちつつ、4N14型ディーゼルターボエンジンはエクリプス クロスの速度をぐいぐいと上げていきます。

実はこのディーゼルモデルは車重が1680kgと、ガソリンモデル対比で130kgほど上がったのですけれども、その重量ハンデを補って余りある加速力の強さが身上です。

ただし名誉のために付け加えておくと、エクリプス クロスのガソリンモデルは明確に元気な加速を見せてくれる、くっきりスポーツ車です。むしろその速さ感を上回るディーゼルモデルのほうが例外的だと言ってもいいでしょう。

なお、暴力的なエンジンパワーに車体が負けていると運転が怖くなったりするのですけど、エクリプス クロスのディーゼルではそういった心配は無用です。ストラット/マルチリンク式のサスペンションが、上がったトルクに対応した専用セッティングになっていることで、走行安定性を大きく高めているからです。

エクリプス クロスのガソリンエンジンモデルは、シュンシュンと吹け上げるエンジンときびきびと反応するシャシーでライトウェイトスポーツのような印象を与える車でした。

一方で今回追加されたディーゼルエンジンモデルは、出力特性や車重、そしてサスペンションセッティング変更によって「速いけれども大人なフィーリング」となったことが印象的でした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『三菱自動車』の最新記事

【新型eKワゴン試乗】静かなNAエンジンで加速も良好。ステアリング調整機構など、根本から真面目に取り組んでます
【新型デリカD:5 試乗】改良されたディーゼルエンジンは、トルクアップと新採用の8ATに注目です
【新型デリカD:5 試乗】3列目がなぜ広いのか? 秘密は専用設計のリヤサスにありました
【新型デリカD:5】「近くで見ればグリルにハニカム模様があるのがわかります」デザイナーが語る実車の見どころ
【新型デリカD:5】「柔らかインパネの触感を確かめて」開発担当が語る実車の見どころ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事