新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】

●たかが0.1秒、されど0.1秒…新型スープラの「本当の」加速性能は?

トヨタがBMWと共同開発し、17年ぶりに復活した新型「スープラ」。0-100k/h加速が、兄弟車であるBMW「Z4 M40i」より速いことが「Car And Driver」(C&D)誌の調べでわかりました。

先にワールドプレミアを果たしていた「Z4 M40i」は、0-100km/h加速タイムを4.4秒と発表していました。しかしその後に発表された「GRスープラ」が4.1秒と発表すると、BMWは「実は3.9秒」と意地の(?)上方修正をしました。

ところが、C&D誌の実験によると、3.0リットル直列6気筒ターボエンジンを搭載する「RZ」の加速は3.8秒で、M40iより0.1秒早いことが証明されたようです。これは、電動開閉ルーフを持つZ4がクーペのスープラより若干重いことが影響していると言えそうです。

なお、スープラ最大の利点は、6,5590USドル(約729万円)する「Z4 M40i」に比べ、大幅に安い49,990USドル(約615万円)という価格かもしれません。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事