自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】

●「レベル3」の自動運転車両ならドライバーのスマホも読書もOK!!

2019年3月に閣議決定されていた改正道路交通法が2019年5月28日、参議院本会議で可決されました。

議案要旨によると「自動運転に対応すべく、運転者などへの義務の規定整備」「クルマまたは、原動機付自転車の運転中の携帯電話使用に対する罰則の強化」というのが主な内容になっています。

自動運転の「レベル3」以上を想定した自動運転車両について、「道路運送車両法に規定される作動状態記録装置により、作動状態の確認に必要な情報を正確に記録することができないものを運転させ、または運転してはならない」とあります。つまり、こうした作動状態記録装置を備えていることが条件になります。

さらに、「クルマの使用者は記録を保存しなければならない」としています。ドライバーがこうしたデータにアクセスすることはないでしょうが、事故時に原因が分かるように警察に提出するという流れになりそう。

また、警察官は整備不良車両に該当すると認められる車両が運転されている際に、ドライバーに対し「作動状態記録装置により記録された記録の提示を求めることができる」としています。

自動運行車両のドライバーは、自動運行装置に関する使用条件(道路運送車両法に規定される、国土交通大臣が付する条件)を満たさない場合、自動運行装置を使って運転することを禁じられています。つまり、故障などのトラブルがある場合は、ドライバーがオーバーライドすることで手動運転する必要があります。

なお、条件を満たしたオートパイロット作動中であれば、ドライバーもスマホなどの使用が可能になります。

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事