【日産デイズ ハイウェイスター NAエンジン試乗】有段制御のCVTがドライバーに心地いい加速を作る

●全体のレベルを底上げした新型日産・デイズ

新型デイズ ハイウェイスターは全長3395mm・全幅1475mm・全高1640mm(FF車)の「ハイトワゴン」と呼ばれるジャンルの軽自動車です。今回、プラットフォームとエンジン&トランスミッションを全て新設計。より広く、そして快適に走れる性能を目指しました。

そんな新型デイズの自然吸気エンジン搭載モデル・ハイウェイスターX(146万9880円)に試乗しましたので報告します。

先代との違いは時速10km/h以下の領域でも現れました。駐車場の出入りなどでステアリングを何度も繰り返す際、新型はそれほど多くステアリングを回さなくても車体が簡単に向きを変えてくれます。

これはステアリングギヤ比を従来モデル比で20%減らす(ハイギヤード化)ことによって実現しています。ただしギヤ比を高めると操舵に必要な力は大きくなってしまいます。これを回避するために大きな出力のモーターを採用していることがトピックでもあります。

また、シフトレバーの位置を高く、手前方向に引くことで、操作がしやすくなっています。ギヤセレクト動作についても垂直方向だった先代に対して、水平に近くするような動線としていることにも注目です。

アクセルやブレーキペダルの位置や角度も工夫して、身長の低い方でも踏みやすいものとなりました。さらにAピラーの形状を見直すなどして、視界が良いことも魅力の一つです。

このように新型では、エンジン性能を発揮する以前の領域でも、多くの改良がなされていることがわかります。

実際に公道で乗ってみてすぐに気づくのは、ソフトかつ質感の高い乗り心地です。

新型ではフロントサスペンションに先代同様のストラット、リヤに新開発のトーションビーム式を採用しています(FF車)。このリヤサスの形式は、従来の3リンク式に比べ路面追従性がいいです。

またショックアブソーバーについては前後ともに容量をアップしました。同時に高い応答性のバルブを採用することなどもあり、それが今回の乗り心地の良さに繋がっています。

新開発のBR06型エンジンは最高出力52ps/6400rpmと最大トルク6.1kgm/3600rpmを発生。従来型のエンジンでは49psと5.7kgmでしたから、自然吸気の小排気量エンジンとしてはかなり大きく進化したわけです。

またCVTも完全に新設計のもの。840kgと軽くはない車体を、十分な余裕で走らせてくれます。

高速道路でもテストしましたが、合流加速にも不満はありませんでした。ただし一定速度に入ってからの追い越し加速時には、やはりトルクがもう少々欲しいと思います。高速道路を使うシーンの多い人はターボを選んだ方がいいでしょう。

車内のノイズレベルは先代モデル比でかなり低くなりました。これはエンジンマウントの装着位置そのものを見直すなどして、パワーユニット自体が音を減らす方向にしたことが効いています。

また同時に吸音材や遮音材の追加や新設などによる効果も上乗せされました。

新型デイズハイウェイスターはどこか一点だけを突出させることなく、全体のレベルを大きく底上げしてきたモデルでしたよ。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『日産・デイズ』の最新記事

【新型デイズ ハイウェイスター ターボ 試乗】軽自動車のクラスを超えた「自然な走り」
【新型デイズ ハイウェイスター】前端のサブピラーを細くして視野角を拡大。運転しやすくなったデイズ ハイウェイスター
【新型 日産・デイズ】全身にわたる変更で居住性・スタイリング・燃費を大幅改良
【新型デイズ・ボレロ】オーテックが手がける「らしい」上質な内外装
【日産・デイズ試乗】新型デイズのステアリング&速度制御を試す。プロパイロットはセレナらと同一規格