【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】

●「話すクルマ」新型Aクラスのほか、初公開の「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」も出展

いまやオートサロンの常連組になったメルセデス・ベンツは、CMでも「話すクルマ」として話題を集めたイエローの新型Aクラスをはじめ、VクラスやCクラス、CLAクラスなどの市販モデルのほか、smartブランドでは、ブラバス仕様とミッキーマウスとのコラボモデル「smart for two edition MICKEY THE TRUE ORIGINAL」が展示されています。

新型Aクラスは「ハイ、メルセデス」と話しかけるだけで、飲食店やレジャー施設などのスポットを車両側の対話型インフォテインメントシステム「MBUX」と会話しながら探せる最新の音声操作システム。

ステージ上の日本初公開モデル「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」も見逃せません。V8エンジンを搭載し、435PSから639PSまで揃え、最強の639ps版は900Nmという圧倒的なスペックが特徴です。

さらに「メルセデスAMG GT3」も出展。こちらは2016年のニュルブルクリンク24時間レースで1位から4位まで独占したほか、日本のスーパーGTでも2年連続でシリーズチャンピオンに輝いています。

そのほかにも、「メルセデスAMG GLC 63 S 4マチック+」「メルセデスAMG E 53 4マチック+」「メルセデスAMG CLA 45 4MATIC クーペ」といったAMGモデルも出展。「メルセデス・ベンツ コレクション」コーナーでは、ミニカーやアパレルなどの定番アイテム、smartのグッズ、福缶などのお得なアイテムもチェックできます。

(文/写真 塚田勝弘)

『読み上げ動画』の最新記事

実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い! 【読み上げてくれる記事】
新型Mazda3の「M Hybrid」に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用 【読み上げてくれる記事】
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】
新型トヨタ・RAV4 ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【読み上げてくれる記事】