【新型VWパサート・オールトラック試乗】ワゴン派生型クロスオーバーモデルの美点とは? 【読み上げてくれる記事】

●クロスオーバーモデルの美点を堪能できるパサート・オールトラック

全長4780×全幅1855×全高1535mm、160mmという最低地上高が与えられたパサート・オールトラック。ヴァリアントより全高は50mm高く、最低地上高も30mm引き上げられています。160mmのロードクリアランスは、雪道や林道程度なら不足はなく、しかも背の高いSUVのように大きく足や腰を上下させる必要がなく、小さな子どもでも楽に乗り降りできます。

AWDである点もパサート・オールトラックの魅力。ゴルフ・オールトラックと同じようにハルデックス・カップリングを使うAWDも公道のオフロード走行程度なら問題はないはずで、クラッチ油圧により0%〜100%の範囲で制御し、前後輪の駆動トルク配分は「100:0〜50:50」内で行われます。

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】