甦れ、伝説のGT-R! 0-300km/hアタックの覇者「HKS T-002(BCNR33)」が進化して完全復活!【読み上げてくれる記事】

伝説的チューンドが持つオーラを会場で感じろ!

第二世代GT-R用のNEWパーツも発表予定か!?

HKSが東京オートサロン2019でお披露目するマシンの目玉の1台がようやく判明した。

それは、かつてOPTION誌が企画した0-300キロチャレンジで頂点を極めるために開発されたBCNR33ベースのスーパーチューンド「T-002」とのこと!

全国のトップチューナーたちがしのぎを削るなか、T-002は920psまで出力を高めた2.7L+GT3037Sツインターボ仕様のRB26を武器に、当時カベと言われていた20秒を大きく上まわる17秒64を記録(1997年3月号)。

以後、終焉までの2年間、70台近いチューンドが“打倒HKS!”を誓ってアタックを敢行するも、その高みに近づけたのはフェニックスパワーのワークスR(RX6BTCW77ツインターボ仕様のBCNR33:17秒76)1台だけだった。

そんなレジェンドGT-Rなのだが、開発終了後はHKSの敷地(駐車場!?)に放置され、他のデモカー製作時にパーツを剥ぎ取られたりしながら徐々にスクラップ化。いつしかHKS社員すらもその存在を忘れてしまうという可哀想な状態に…。

そして月日は流れ2018年末。第二世代GT-Rの世界的ブームに対応するべく、HKSの新しい開発車両としてT-002の復活プロジェクトが突如として始動したのだ。

HKS水口社長が、若かりし頃にT-002の開発担当だったこともこの再生プロジェクト始動に大きく関係している気がしてならないが、こういう時に必要以上に本気を出すのがHKSというパーツメーカー。

各機関のフルレストアはもちろん、最新or開発中のチューニングパーツを投入しながら新世代のT-002を生み出すというから、大いに期待したい!

PHOTO:Nobutoshi Kaneko

HKSのアンパンマンこと長谷川さんが手に持っているのは最新のF-CON Vプロ。こうした現代のハイテクパーツを投入しながらT-002を新世代のデモカーへと仕立て上げていくという。

内外装を徹底リフレッシュしながらT-002に新しい命を吹き込んでいく。早く完成体が見てみたい!

web option編集部

『読み上げ動画』の最新記事

実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い! 【読み上げてくれる記事】
新型Mazda3の「M Hybrid」に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用 【読み上げてくれる記事】
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】
新型トヨタ・RAV4 ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【読み上げてくれる記事】