ルノー ブースはメガーヌ ルノー・スポールのMT仕様などスポーツカー祭り!?【読み上げてくれる記事】

「東京オートサロン2019」のルノーブースは、スポーツ系モデルが勢揃いします。ルノーは、カングーに代表されるファミリーユースに向くモデルや、カジャーなどのSUV、そしてルノー・スポールが手がけるスポーティモデルなどが看板モデルとなっています。

4WSによるフットワークの良さが身上の新型メガーヌ ルノー・スポールでは、ルノーファン待望のMT仕様が参考出展されるのをはじめ、1月発売予定の限定車ルーテシア ルノー・スポール トロフィー アクラポビッチ(限定車/1月発売)を出展。同モデルは、アクラポビッチ製のエグゾーストシステムが搭載されるはずです。

現行モデルでは、279psを誇る2ペダルの新型メガーヌ ルノー・スポール、走りと実用性を備えたルノー メガーヌ スポーツ・ツアラーGT、Aセグメントのスポーツハッチであるルノー トゥインゴ GT (EDC) も展示されます。ルノーブースはホール1です。

(塚田勝弘)

『読み上げ動画』の最新記事

実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い! 【読み上げてくれる記事】
新型Mazda3の「M Hybrid」に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用 【読み上げてくれる記事】
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】
新型トヨタ・RAV4 ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【読み上げてくれる記事】