時速200km!イーロン・マスク氏による渋滞知らずの地下トンネル構想とは?【読み上げてくれる記事】

EVメーカー「テスラ」や、火星への有人飛行を目指す「スペースX」のCEOでお馴染みの米・実業家、イーロン・マスク氏が12月19日、ロサンゼルス郊外の地下に完成させた高速地下交通システムの試験トンネル開通イベントを開催しました。

マスク氏は今回、2年前に立ち上げたトンネルの掘削会社「ボーリング」の経営者として登場。

「交通渋滞が嫌いだからトンネルを掘る」として昨年6月に掘削を開始。約1,000万ドルを投じて完成させた全長2km弱のデモ用トンネル入り口にEV「Model X」で乗り付け、車載エレベータで地下へ降りて行きます。

マスク氏が「Loop」と呼ぶこの新しい交通システムは、地上からエレベーターでEVを地下に下ろし、台車の上にセット、約200km/hの高速で地下トンネルを移動するというもの。

新たな地下道路網により、地上での慢性的な渋滞の解消を目指しており、同氏は「深さに制限が無く、耐候性がトンネルの利点。空飛ぶ車は雪や雨、台風に弱いが、トンネルは天候に影響を受けない」としています。

地下の三次元トンネル網構想実現への第一歩となるもので、今後は、この試験トンネルで、 実用化に向けた開発が行われるようです。

Avanti Yasunori・画像:TESLA)

【関連記事】

テスラが初の海外工場(中国)建設へ 追加関税+25%に対応
https://clicccar.com/2018/07/12/608072/

『読み上げ動画』の最新記事

実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い! 【読み上げてくれる記事】
新型Mazda3の「M Hybrid」に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用 【読み上げてくれる記事】
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】
新型トヨタ・RAV4 ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【読み上げてくれる記事】