100km到達まで2.7秒!スーパーマン仕様のテスラが初公開【読み上げてくれる記事】

米チューニングメーカー「T Sportline」は、テスラ「モデルS」のスーパーマン仕様「Deep Blue Metallic Tesla Model S P100D」を初公開しました。

エクステリアは、スーパーマンブルーのボディーにフェラーリレッドの「T」エンブレム、テールライト下にはスーパーマンのロゴを配置。マットブラックのT Sportline 21インチホイール、カーボンファイバーのトランクウィングを装着し、スピード感のある外観です。

室内では、トリムを全てカスタマイズ。シートは欧州製「ベントレー・レッドレザー」を採用、ドアキャップもレッドレザーで貼り合わされ、ドアパネルのインサートには、「T Sportlineのダイヤモンド刺繍が施されています。

それとは対照的に、ヘッドライナーやダッシュボード、ピラーなどは鮮やかな青いスエードで仕上げられています。またカーボンファイバーステアリングホイール、カーボンダッシュトリム、カーボンセンターコンソールなどもすべてカスタムです。

スーパーマン仕様はまだまだあります。ヘッドレストやフロアマットにはスーパーマンのロゴ「S」、究極はカスタムドアのパドルライトで、3色にスーパーマンロゴが照らされます。

パワーユニットには、「P100D」から継承される高性能リアモニターと高効率フロントモーターの組み合わせにより、圧倒する加速を実現。わずか2.7秒で100kmに達し、パフォーマンスもスーパーマン級です。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い! 【読み上げてくれる記事】
新型Mazda3の「M Hybrid」に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用 【読み上げてくれる記事】
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】
新型トヨタ・RAV4 ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【読み上げてくれる記事】