100km到達まで2.7秒!スーパーマン仕様のテスラが初公開【読み上げてくれる記事】

米チューニングメーカー「T Sportline」は、テスラ「モデルS」のスーパーマン仕様「Deep Blue Metallic Tesla Model S P100D」を初公開しました。

エクステリアは、スーパーマンブルーのボディーにフェラーリレッドの「T」エンブレム、テールライト下にはスーパーマンのロゴを配置。マットブラックのT Sportline 21インチホイール、カーボンファイバーのトランクウィングを装着し、スピード感のある外観です。

室内では、トリムを全てカスタマイズ。シートは欧州製「ベントレー・レッドレザー」を採用、ドアキャップもレッドレザーで貼り合わされ、ドアパネルのインサートには、「T Sportlineのダイヤモンド刺繍が施されています。

それとは対照的に、ヘッドライナーやダッシュボード、ピラーなどは鮮やかな青いスエードで仕上げられています。またカーボンファイバーステアリングホイール、カーボンダッシュトリム、カーボンセンターコンソールなどもすべてカスタムです。

スーパーマン仕様はまだまだあります。ヘッドレストやフロアマットにはスーパーマンのロゴ「S」、究極はカスタムドアのパドルライトで、3色にスーパーマンロゴが照らされます。

パワーユニットには、「P100D」から継承される高性能リアモニターと高効率フロントモーターの組み合わせにより、圧倒する加速を実現。わずか2.7秒で100kmに達し、パフォーマンスもスーパーマン級です。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】