【HONDA RACING THANKS DAY】大人気のModuloブースをclicccarがジャック。ドライバーの新たな一面を発見!?【読み上げてくれる記事】

12月9日にツインリンクもてぎで開催されたHONDA RACING THANKS DAY(HRTD)。HONNDAのモータースポーツファン感謝祭として二輪、四輪両方のライダー、ドライバー、マシンが大集結する大人気イベントです。

そんなHRTDのイベント広場で驚くべき大人気だったのがModuloブース。マシンの展示スペースにSUPER GT GT300でModulo KENWOOD NSX GT3のドライバーである道上龍選手、大津弘樹選手、スーパー耐久でModulo CIVIVC TCRのドライバーの小林崇志選手が登場するとびっしりとした人だかりが形成されるほど。

特に大人気だったのがタイヤ交換の実演。まずはメカニックさんが手本を見せて鮮やかなタイヤ交換を披露。

続いてスーパー耐久に出場した小林選手、大津選手がチャレンジしたと思えば、レースクイーンModuloプリティの生田ちむちゃんもインパクトレンチでのナット締めに挑戦!凄い盛り上がりを見せました。

タイヤ交換の実演も本物の出場マシンを使っているので臨場感も凄いのです。

そして午後から公開記者会見の様相で行われたトークショー、SUPER GT編ではclicccar編集長の小林和久も登壇。

いきなり選手の私生活に切り込むようなガチな質問で会場を沸かせます。

続いて行われたスーパー耐久編トークショーでは筆者、松永和浩も登壇。

ピレリスーパー耐久シリーズ2018のST-TCRクラスで見事年間シリーズチャンピオンに輝いたModulo CIVIC TCRのドライバー中野信治選手、大津選手へレースリザルトを元に突っ込んだ質問をぶつけてみたりもしてみました。どんな質問にも余裕で返答の中野選手はクールの一言!

しかし注目すべきは小林選手の面白さ!レースの際のインタビューでは絶対に聞けないようなtwitterネタを突っ込まれるとユーモアたっぷりにネタで返してくるという芸人ぶり。小林選手の新たな一面が発見できた貴重なトークショーとなりました。

新車情報やクルマ面白ネタだけではなくモータースポーツも独自視点で積極的に取り上げてきたclicccar。そんなclicccarの独自性が発揮できたトークショーとなったのではないでしょうか。

(写真:clicccar編集部、松永和浩 文:松永和浩)

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】