日本での発売は? メルセデスAMGが「A35 4MATIC(306ps)」の受注をスタート 【読み上げてくれる記事】

メルセデスAMGが新型「Aクラス」にAMGのエントリーモデル「A35 4MATIC」を設定。欧州で受注を開始しました。

メルセデスベンツの高性能車部門・AMGが新たにシリーズ展開する「35」を冠した最初のモデルで、同社がチューニングした2.0L直噴直4「M260型」ガソリンターボエンジン(306ps/40.8kgm)が搭載されています。

0‐100km/h加速は4.7秒、最高速度は250km/h(リミッター作動)。トランスミッションは7速デュアルクラッチ仕様の「AMGスピードシフトDCT 7G」で、サーキット走行を想定。

4輪駆動システム「AMGパフォーマンス4マチック」はFFを基本に、走行状況に応じて前後のトルク配分を50:50まで無段階に変化させることが可能。

また、電子制御システム「AMGダイナミック セレクト」を搭載しており、走行モードを5種類(スリッピー、コンフォート、スポーツ、スポーツ+、インディビデュアル)の中から選択できます。

「A35 4MATIC」のドイツ本国でのベース価格は約610万円。日本での発売時期や価格は現時点で不明ですが、スポーツカーファンには注目の1台になりそうです。

Avanti Yasunori

【関連リンク】

Mercedes AMG A35
https://www.mercedes-amg.com/en/vehicles/a-class/hatchback/a35.html

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】