「フォルクスワーゲン」がアイス・レースに参戦! 2代目ゴルフとポロGTI R5、そしてID.Rまで投入。【読み上げてくれる記事】

パイクスで世界記録樹立の「ID.R」が登場!

2019年1月19〜20日にかけてオーストリアのツェル・アム・ゼーにて開催される氷上の格闘技「アイス・レース」にフォルクスワーゲンの過去、現在、未来を代表するコンペティションマシンが登場する。

同社の未来を代表するのは、いうまでもなく「ID.R」だ。それまで世に知られることのなかったこのマシンは、わずか7分57秒148で世界のコンペティションシーンの頂点に駆け上がった。ロマン・デュマ操る「ID.Rパイクス ピーク」が全長19.99kmの「パイクス ピーク インターナショナル ヒルクライム」でこのタイムをたたき出し、総合優勝を飾ったのは6月24日のことだった。

周囲を驚愕させる快挙だった。従来の最速タイムは、2013年に「プジョー 208 T16 パイクスピーク」駆るセバスチャン・ローブが出した8分13秒878で、つまり16秒も短縮したからだ。しかもID.Rパイクス ピークは純EV。電気のみを動力にするマシンがメジャーイベントで内燃機関搭載車を初めて破ったわけで、モータースポーツの歴史に新たな1ページを記したことになる。

そのID.Rはアイス・レースでは出走せず、展示されるだけになる。パイクス ピークに特化したマシンなので、これは妥当な判断だろう。しかしフォルクスワーゲン モータースポーツのディレクター、スヴェン・ズメーツは、ID.Rは多くの可能性を秘めていると語る。

「ひとつ確かなことがあります。ID.Rが博物館に飾られるのはまだ遠い先のこと。フォルクスワーゲンはエレクトロモビリティに明確な戦略を描いており、当社もモータースポーツに参加することで、これをサポートしたいと思います。すでに皆さんが興味を寄せてくださるようなアイデアを複数温めています」

アイスレースにて、来年のレースプログラムを発表するという。

現在を代表するのは「ポロGTI R5」

フォルクスワーゲンが現在カスタマーチームに供給している272psの「ポロ GTI R5 ラリーマシン」は、10月末に行われたラリースペインでデビューし、好調なスタートを切った。

国内・国際ラリーのR5レギュレーションに準拠したこのマシンは、かつてのラリー世界チャンピオン、ペター・ソルベルグがステアリングを握って、ラリーステージの大半をリード、グラベルとターマック両方のスペシャルステージで最速タイムを記録して3位ポディウムフィニッシュを飾った。

ポロGTI R5 は現在イタリア、スウェーデン、フィンランド、パラグアイ、ベルギー、そしてオーストリアの15のチームに納車されている。デビュー戦にして高い競争力を発揮したこのマシンが、ツェル・アム・ゼーでライバル勢に真っ向勝負を挑む。

2台のオールド「ゴルフ」も参戦!

そのツェル・アム・ゼーでは2台のオールド・ゴルフも観衆の注目を集めるだろう。1台は2代目「ゴルフのGTI」。ケネス・エリクソンが1986年のWRCグループAタイトルを獲得したマシンそのものだ。

もう1台もやはり2代目「ゴルフGTI」だが、こちらはツインエンジンというモンスター。1987年のパイクスピークにクラウス-ヨアヒム・クライントの操縦で挑んだ。そのドラマチックな走りは今では伝説になっている。

600psのハイパワーを利したゴルフGTIパイクスピークは各区間タイムでライバルをリード、勝利に向かって驀進する最中にサスペンショントラブルに見舞われ、リタイアを余儀なくされた。マシンが動きを止めたのはフィニッシュラインからわずか数メートル手前、文字通りチェッカードフラッグを目前にしての敗退だった。

従ってID.Rによる今年のパイクスピーク優勝は、フォルクスワーゲンにとって31年目にして成し遂げた雪辱でもあった。

2019年1月、ツェル・アム・ゼーで開催されるアイスレースでは、デュマとクライントがステアリングを握る。フォルクスワーゲン・ファンに限らず、広くモータースポーツ愛好家にとって見逃せないイベントになりそうだ。

TEXT/相原俊樹(Toshiki AIHARA)

(GENROQ Web編集部)

『読み上げ動画』の最新記事

北米チューニングファンがJZA80スープラを特別視する理由をご存知だろうか?【北米スープラ神話】【読み上げてくれる記事】
【HONDA RACING THANKS DAY】大人気のModuloブースをclicccarがジャック。ドライバーの新たな一面を発見!?【読み上げてくれる記事】
【日産・リーフ ニスモRC試乗】ほぼワンオフの4WD化フルチューン。コストダウンを狙った現実的な造りにも注目【読み上げてくれる記事】
映画TAXiシリーズ最新作「TAXi ダイヤモンド・ミッション」三栄書房グループ限定試写会プレゼント! 東京オートサロン2019招待券もあげちゃう!!【読み上げてくれる記事】
日本での発売は? メルセデスAMGが「A35 4MATIC(306ps)」の受注をスタート 【読み上げてくれる記事】