スバルの新型ミッドシップスポーツを大予想! トヨタ「MR2」とプラットフォーム共有か 【読み上げてくれる記事】

数年まえから噂されるスバルの新型ミッドシップスポーツに関する情報を欧州から入手しました。

入手した情報によると、「VIZIVシリーズのフロントマスク」「専用のスポーツグリル」そして「アウディR8を彷彿させる攻めたボディスタイル」というキーワードがあるようです。その情報を元にCGを制作しました。

完成した予想CGは、ロー&ワイド感たっぷりのシルエットをまとった本格的ミッドシップスポーツです。最大の特徴はサイドからリヤまで大胆にえぐったキャラクターラインで、リヤ周りにも立体感を持たせると共に、リヤのワイド感に効果を持たせます。フロントもシャープなイメージを待たせたグリル&吸気口。また、ヘッドライトライトも最新のVIZIVデザインの流れをより進化させました。

パワートレインは、「レヴォーグ」と共有する1.6リットル水平対向4気筒ターボエンジン+電気モーターのハイブリッドモデルで、最高出力は300psを超えると予想されます。スバルは、今後ハイブリッドモデルを強化していくと見られており、有力な情報といえます。

最大の注目はこのミッドシップスポーツが実現するかにあります。スバルには新型ホットハッチの開発情報もあり、独自にいくつもの新型モデルを開発するのはコスト的に無理と思われます。

そこで予想されるのが、トヨタとのタッグです。トヨタ北米は2021年までに19車種の新型モデルを市場へ投入すると発言しており、その中で「MR2」復活も有力とされています。タイミング的にはミッドシップ・プラットフォームを共有する可能性があるかもしれません。

開発が順調に進めば、2020年から2021年が初公開のタイミングとなりそうです。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事