今度はミッドシップだ! ダッジ「バイパー」に復活の噂 【読み上げてくれる記事】

【ダッヂ・バイパー復活か?】

・アメリカのスポーツカーの象徴!

2017年まで生産されたアメリカのスポーツカーを代表するダッジ「バイパー」が、ミッドシップで復活するという情報を入手しました。

入手した新型の予想CGでは、バイパーの特長であったロングノーズは持たず、サイドにはミッドシップらしく大きなエアスクープを装備し、コンパクトなボディシルエットが見てとれます。

新型モデルには、これまで「チャレンジャーSRT」のハイスペックモデル「ヘルキャット」の6.2リットルV型8気筒をアップデートしたものが予想されていましたが、今回は4.2リットルV型8気筒のダウンサイジング・ツインターボエンジンとされ、最高出力は650ps程度が予想されています。

「バイパー」は、1989年にコンセプトモデルが登場。その後1991年に市販型が発売されました。当時人気絶頂のシボレー「コルベット」の対抗馬として市場に投入され、2008年には「バイパーSRT-10 ACR」が7分22秒1で、ニュル市販車最速キングの称号を得ています。

バイパー復活について、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の前CEO、セルジオ・マルキオンネ氏は以前、この噂を完全否定しましたが、現在でも人気に衰えが見られず、一転復活の可能性もあると思われます。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

まるでランボルギーニ!? 新型アウディ・A3の「イケてる」運転席を激写 【読み上げてくれる記事】
0-180km/hを10秒で走破! 500psまでパワーアップしたWRX STI(VAB)の驚くべき速さを数値化!【読み上げてくれる記事】
【新車】ホンダ・ステップワゴンに黒がピリリと利いた「BLACK STYLE」を設定【読み上げてくれる記事】
これはギラギラデザインじゃない!? チーフデザイナーが語るデリカD:5のプレステージ性とは【読み上げてくれる記事】
泣く子も黙る700psのアメリカンV8改ユニットを搭載したサンマルZ!【読み上げてくれる記事】