新型デリカD:5にオプション設定のクラリオン「Quad View」ナビは10.1ディスプレイ向けのオリジナルモデル【読み上げてくれる記事】

ビッグマイナーチェンジにより、存在感のあるフロントマスクを得て話題を集めている三菱自動車のデリカD:5。インテリアも洗練されたデザインに変更されていて、その中心を担うのがクラリオンの「Quad View(クワッド ビュー)」ナビゲーションで、ディーラーオプションとして設定されています。

Quad Viewナビは、「ナビゲーション」「オーディオ」「ツール」「アプリケーション」の4種類のコンテンツを1画面に同時表示するHMI(Human Machine Interface)機能が最大の特徴。

好みに合わせた画面レイアウト表示や直感操作がユーザーから好評を得ているそうで、今回のディーラーオプション採用も同ナビの優れた操作性、視認性が評価されたもので、デリカD:5のインパネに合わせた大画面10.1型HDディスプレイ搭載のオリジナルモデルとして設定されています。

Quad Viewナビは、ほかにも、フルデジタルサウンドシステム「Full Digital Sound SPIRIT」とともにSUBARUレヴォーグ、WRX S4、WRX STI 向けのディーラーオプションとして、また、スズキのランディ向けなど、幅広い車種向けナビゲーションとして採用。

なお、Quad Viewナビを装着する新型デリカD:5を「東京オートサロン2019」に出展するクラリオンブースに展示する計画としています。

(文/塚田勝弘 写真/塚田勝弘、クラリオン)

『読み上げ動画』の最新記事

まるでランボルギーニ!? 新型アウディ・A3の「イケてる」運転席を激写 【読み上げてくれる記事】
0-180km/hを10秒で走破! 500psまでパワーアップしたWRX STI(VAB)の驚くべき速さを数値化!【読み上げてくれる記事】
【新車】ホンダ・ステップワゴンに黒がピリリと利いた「BLACK STYLE」を設定【読み上げてくれる記事】
これはギラギラデザインじゃない!? チーフデザイナーが語るデリカD:5のプレステージ性とは【読み上げてくれる記事】
泣く子も黙る700psのアメリカンV8改ユニットを搭載したサンマルZ!【読み上げてくれる記事】