【ロサンゼルスオートショー2018】新型カローラセダンが登場。じゃあ日本はどうなる? 【読み上げてくれる記事】

世界で最も売れているクルマ(年間120万台も売れている!)であり、北米におけるトヨタのロングセラーカーといえば、カローラ。2017年は北米で30万台も売っているのですから、さすがです。

そんなカローラセダンの新型が、ロサンゼルスオートショーで登場。実は2週間ほど前に中国・広州のモーターショーで中国仕様が公開されたので新型カローラセダンの世界初公開ではないのですが、正確に言うと中国仕様の「レビン」に相当する顔つきのモデルが北米のカローラとなっているというわけ。スポーティな仕立てです。

ところで気になるのは、日本仕様がどうなのか? 先日発表されたトヨタのプレスリリースによると「日本においては、スポーティモデルのカローラをベースに、日本のお客様や道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンおよびワゴンを2019年内に発売する予定です」とのこと。

つまりはこの北米仕様カローラセダンと同じデザインテイストになるのでしょう。ただ、全幅と全長を少し縮めるという噂。バンパー形状でどうにでもなる全長はともかく、全幅はどうやって縮める? フェンダーの張り出しを少し抑えるという説もありますが、果たして?

(工藤貴宏)

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】