【新車】ニュルブルクリンクで量産SUV世界最速タイムを記録した究極のドライビングSUV「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」が登場【読み上げてくれる記事】

新開発の「ジョルジオ・プラットフォーム」をベースにSUVに仕立てられた「Alfa Romeo Stelvio(アルファロメオ・ステルヴィオ)」。アルファ ロメオ初のSUVにハイパフォーマンスモデルとしてお馴染みの「QUADRIFOGLIO(クアドリフォリオ)」が追加され、2018年11月28日から受注が開始されています。

「ステルヴィオ・クアドリフォリオ」は、同ラインアップのハイエンドモデル。2017年9月には世界的にも名高いレーシングコースであるドイツのニュルブルクリンク北コース(1周約20.8km)において、量産SUVとして世界最速となる7分51秒7の周回タイム記録を樹立。

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】