【新車】新型「NISSAN LEAF NISMO RC」が初披露。ツインモーターと新開発4WDを搭載し、240kW/640Nmを発揮!【読み上げてくれる記事】

以前、袖ヶ浦フォレストレースウェイで先代の「NISSAN LEAF NISMO RC」のステアリングを握ったことがあります。車両重量がわずか920kg強という軽さを活かし、カーボン製モノコックによる堅牢なボディと軽々と加速させる様には驚かされました。

2018年11月30日、リーフのレーシングカー新型EVレーシングカー、つまり2代目リーフをベースとした「NISSAN LEAF NISMO RC」が、東京銀座にあるニッサンブランドのグローバル発信拠点「NISSAN CROSSING(ニッサン クロッシング)」で初公開されました。

同車は、日産のモータースポーツを担うNISMOのレーシングテクノロジーによって開発され、前型(先代)の2倍以上の最高出力と最大トルクを発揮するそう。なお、12月2日に富士スピードウェイで開催予定の「ニスモフェスティバル」で、日産のフォーミュラEカーとともにデモ走行を行う予定としています。

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】