目標は「ニュルで7分切り」。新型ポルシェ911 GT3、自己記録更新へ高速テスト 【読み上げてくれる記事】

ポルシェの新型「911」に設定されるハードコアモデル、「911 GT3」開発車両をカメラが捉えました。

「911 GT3」は、2017年にニュルブルクリンク北コース「ノルドシェライフェ」にて、7分12秒7を記録しました。これは先代モデルから一挙に12.3秒も短縮したタイム。しかし開発スタッフによれば、この新型モデルでは「6分台」を目指しているようです。

新型で注目は、新開発の大型リアウィングです。捉えたプロトタイプは、ナンバーからも10月にキャッチしたプロトタイプと思われます。リアウィングは、これまでポルシェ高性能モデルでは見られない新開発のものですが、ボルトが露出しており、完成形ではない可能性もあります。

その下にはダックテールも装着されていますが、これも仕上げが粗雑です。そのほかフロントバンパーやリアバンパーにもカモフラージュが残っており、完成形へ前進しているものの、最終形までもう少し時間がかかりそうです。

心臓部には、GT3史上最強の550psを発揮する、4リットル水平対向6気筒NAエンジンを搭載します。トランスミッションは、おそらくPDK及び6速MTが設定されるでしょう」。

ワールドプレミアは、2019年後半が予想されています。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】