雪国育ちの自動車ライターか゛愛車のSUVにオールシース゛ンタイヤを選んた゛わけは?【読み上げてくれる記事】

突然ですが、今年はクルマを買い替えた自動車ライター工藤貴宏です。買ったクルマはマツダのCX-5。流行のSUVを所有してみたくなり、そのなかでもデザインが美しく、走りが楽しく、ディーゼルエンジン搭載で走りが力強いうえに経済性(燃費がいいだけでなく燃料の軽油はガソリンより単価が安い)にも優れたクルマということでの選択。内容を考えると値段もリーズナブルだしね。

しかし、悩んだのが冬に備えたタイヤ選び。雪が降ることもある長野で育ったこともあって、これまでは東京暮らしでも冬はずっとスタッドレスタイヤを履いていた。でも、よく考えてみたら今の生活でスタッドレスタイヤがその能力を発揮する機会ってほとんどなかったりして。

頻繁に実家に帰るわけでもないし、雪の積もった場所を走る可能性といえば、東京に雪が降った日と年末年始の帰省くらい。しかも、実家は長野とはいえ平地にあるので直前に雪が降らなければ雪道を走ることはない環境だったりする。よく考えてみると、雪道を走れるタイヤが必要な状況はほんのわずかしかないことに気が付いた。とはいえさすがに夏タイヤ(ノーマルタイヤ)で実家に帰るのは安心できないけどね。

どうしようか?
スタッドレスタイヤを履けばやっぱり安心だ。とはいえ年に数回の雪のためにスタッドレスタイヤを買うのは財布に優しくないし、実はそれ以上に悩ましいのが履いていないタイヤを置く場所。

夏と冬でタイヤを履き替えるなら使わないタイヤをどこかにおいて保管する必要があるけれど、マンション暮らしの僕にとってはそれも頭を痛める問題だったりする。これまではクルマで30分ほどの距離にある妻の実家に置かせてもらっていたけれど、SUVに買い替えてタイヤが大きくなったからそれも厳しくなってきた。お店のタイヤ保管サービスを使う手もあるものの、そうするとまたお財布へのダメージが……。とはいえ、日常的にクルマを使っているから東京に雪が降っても走れるようにはしておきたい。

冬になる前にその問題に決着しなければ。そう悩んでいた時、あのタイヤを履けばいいんじゃないかと思いついた。ここ数年で存在感が大きく高まったオールシーズンタイヤである。

日本でもっともメジャーなオールシーズンタイヤをラインナップするメーカーといえばグッドイヤーで、今年はSUV用の「アシュアランス・ウェザーレディ」がデビューしたのだからちょうどいい。この機会だから、実際に愛車に履いて試してみたというわけ。

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事