【ホンダ・ジェイドRS 試乗】ハイブリッド仕様の走りの美点と課題とは?【読み上げてくれる記事】

ホンダ・ジェイドRSハイブリッドに搭載されている「SPORT HYBRID i-DCDハイブリッドシステム」は、フィットをはじめ、フリード、ヴェゼル、シャトルやジェイドなど、コンパクトから少し大きめのサイズまでをカバーするホンダの1モーターハイブリッド仕様。

アトキンソンサイクルエンジンと組み合わされる7速DCTにモーターが内蔵されていて、小型軽量を得意とするホンダらしいハイブリッドといえるでしょう。2013年にフィットハイブリッドに搭載されて以来、度重なるリコールを受けながらもスムーズさに磨きを掛けています。

1.5Lの「LEB」エンジンに7速DCTが組み合わされるジェイドRSハイブリッドは、131ps/6600rpm、155Nm/4600rpmというエンジン出力に、22kW(29.5ps)/160Nmというモーターが加勢する構成になっていて、システム最高出力は112kW(152ps)。

バッテリー残量によるものの、発進時や低速域ではモーター走行のみも可能で、加速時はハイブリッド走行、高速走行時はエンジン主体で、走行状態や勾配などに応じてハイブリッド走行になり、減速時などには回生。

先述したように、2013年のフィット搭載時によりも洗練されているのは明らかである一方で、街中で多い中・低速域では少しギクシャクした加速フィールになってしまうシーンも残されています。エンジンが主体になる中・高速域ではホンダらしい軽快さが際立ってくるのは、ヴェゼル・ハイブリッドなどほかの「SPORT HYBRID i-DCD」などと同じ感触といえます。

一方、RS専用セッティングとなる足まわりによる乗り心地の良さは魅力。RSは、2列シート仕様になったことで60kg軽くなり軽快なフットワークも得られています。パワーステアリングのセッティングも軽すぎず重すぎず絶妙で、高い応答性と安定感を両立。

さらに、ミニバンやSUVと比べて重心が低く、フットワークの良さだけでなく、高速道路などを使った長距離走行でも横風を受けた時の安定性など、ステーションワゴンならではの走りの利点も十分に感じられます。

高速道路を使ったロングドライブで気になったのは、「ホンダ・センシング」のアダプティブクルーズコントロールの制御。直線での作動は問題ないものの、カーブでは隣の車線を走行する前走者を検知して、ブレーキを作動してしまうシーンが多く、少し課題であるといえそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事