直6ユニットでどうやって達成? 水平対向エンジン搭載のトヨタ・86より低重心【新型スープラの確定事項あれこれ】

来年早々にもデビューするのはほぼ確実と言われているトヨタの新型スープラ。すでに登場までカウントダウンに入っている状態になります。

そこで今回の記事では現時点での確定事項をおさらいしたいと思います。

搭載されているエンジンは直列6気筒の3Lターボ。トランスミッションに関しては8速ATとなっています。

具体的な形式までは公式発表されていませんが、プロトタイプに試乗した感触から判断するにトルクコンバーター式のATだと思われます(ちなみに当然ですが2ペダルです)。

プロポーションに関してはフロントノーズが非常に長くてキャビン部は小さい、伝統的と言っていいFRプロポーションをしています。

注目なのはその車軸間距離の短さです。1800mmは優に超しているであろう全幅に対し、ホイールベースが極端に短いのが新型スープラの特徴です。

その数値はトヨタ86の2570mmよりも短いとされていまして、タテヨコ比はまるでレーシングカートのよう。また重心に関してもトヨタ86よりも低いことが発表されました。

様々な部分が謎に包まれている新型スープラですが、実はその最もミステリアスなのがこの重心高にあります。

エンジン高を低く抑えられる水平対向4気筒ユニット。これを搭載した86よりも低い重心を、直列6気筒ターボエンジンを搭載したクルマでどのように(どんな技術を使って)達成しているのか気になるところです。

また前後重量配分は50対50であることも公式に発表されました。このボンネットが長く、リヤ部の短いボディにおいて、直6エンジンを搭載しながら前後イーブンに持ってくるのは簡単ではないはず(ショートホイールベースによって有利な状況になっているとはいえ)。

おそらくフロントミッドシップとなる位置にブロックがあると思いますが、どの程度後退しているのか気になります。

また、ボディ剛性に関してはあのレクサスLFAを超えているとのことです。


新型スープラ、詳細な数値まではいまだ未知数ですが、一つ言えることは近年の日本車にあまりなかったエポックな成り立ちをしているということです。

(文/ウナ丼 写真・動画/トヨタ自動車)

『トヨタ・スープラ』の最新記事

【デトロイトモーターショー2019】デトロイトで愛を叫んだ豊田章男社長は「スープラは“Lit”」と語る。ところでLit”ってなに?
【デトロイトモーターショー2019】次の「スポーツカー」登場も示唆。豊田章男社長が新型スープラへの愛を語る12分の動画
【新型トヨタ・スープラ】グレード名は80同様の「RZ」と「SZ」。2L 4気筒ターボエンジンは出力別に2タイプ
【新型スープラ・市販モデル登場】4気筒エンジンも設定。2シーター・ハッチ・FRの伝統的スポーツ
新型スープラの内装をチェック。視界確保に一工夫が施された太めのAピラーや剛性が高そうなオルガン式アクセルペダルなどが好印象