【アルト ラパン モード】濃色木目調パネルとネイビー内装が新鮮です

スーパーカワイイ系軽自動車のアルト ラパンに、大人も気兼ねなく乗れるシックな特別仕様車「モード」が設定されました。ベースとなったのはSグレードです。

エクステリアでは、フロントの水玉模様的なアクセントが入ったメッキフロントグリルが目に付きます。

サイドではシルバー&ホワイトの専用フルホイールキャップ、メッキ処理されたドアハンドルが目立ちます。

またリヤにはモードの専用エンブレムも入ります。車体色にはホワイトルーフとした2トーンが3パターン、モノトーンが5パターン用意されます。

インテリアはモードの白眉です。

シート生地とドアトリムクロス、フロアマットをネイビーをベースにした専用のものとします。またラパンの特徴であるデスク的インパネではブラックパールのガーニッシュを採用。デスク面はヘリンボーン木目柄を取り入れた濃色タイプにしていまして、そのダークトーンなオシャレ度合いはさながらKALDI店内のようです。

ステアリングはオーディオスイッチを追加したデラックスなものとして、エアコンにはナノイー搭載タイプを採用したこともニュースです。

先進運転支援システム「スズキ セーフティ サポート」の衝突被害軽減ブレーキも標準装備しています。

搭載エンジンはNAとモーターを組み合わせたマイルドハイブリッドで、トランスミッションはCVT。価格はFFが135万3240円。4WDが145万2600円です。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『スズキ』の最新記事

【スペーシア ギア開発者インタビュー】ガンメタパーツを効果的に配することでSUVらしさを演出
【スズキ・スペーシア ギア登場】撥水素材を使った専用内装で、見た目も実用性もSUVらしさを向上
【スズキ・スペーシア ギア登場】アウトドアテイストのスーパーハイトワゴンは、専用装備でSUV風味が満載
スズキ・アルトがマイナーチェンジ。安全装備がレベルアップし、「サポカーSワイド」に該当
【ラパン モード開発者インタビュー】シートやフロアマットの細かな部分にもこだわっています