【ボルボXC40 T4 MOMENTUM試乗】現在最も人気のボルボSUVの実力は? 【読み上げてくれる記事】

ボルボ・XC40の導入記念限定車「XC40 T5 AWD R-Design 1st Edition」は、あっという間に完売。CMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)を使ったモデルは、ボルボXC40だけでなく、ジーリーとボルボが出資した「Lynk & Co」の各モデルでも使われています。

XC40は世界的にも大人気だそうで、カタログモデルの納車待ちも長く、その間のつなぎとして「ブリッジSMAVO(スマボ)」という1年リースを提供。「(例えば)とりあえず、V40に乗ってXC40を待つ」という戦略まで立てています。

人気の理由は、XC60(こちらも大人気のようですが)などよりも日本でも扱いやすいボディサイズ、若々しいデザインやカラーリング、もちろん価格という大きな要素もあるでしょう。ライバルは、BMW X2やアウディQ2などの輸入車勢が中心になりそうで、初めてボルボ車を購入する若い層も多いはず。

ここでは、待望のカタログモデルの走りをお届けします。FFの「XC40 T4 MOMENTUM(モメンタム)」は、全長4425×全幅1875×全高1660mm。ホイールベースは2700mmで、車両重量は1670kg(サンルーフ付は+20kg)。

搭載されるエンジンは、T4/T4 AWD向けの2.0L直列4気筒直噴ターボで、190ps/4700rpm、300Nm/1400-4000rpm。トランスミッションは、アイシン・エィ・ダブリュ製の電子制御式8ATが搭載されています。なお、XC40には、導入記念限定車も含めたT5 AWD向けの2.0L 直列4気筒直噴ターボあり、こちらは252ps/5500rpm、350Nm/1800rpmというスペック。

導入記念車の「T5 AWD R-Design 1st Edition」は、箱根をステージに試乗会が行われ、そのパワフルな走りにはかなり驚かされました。一方の「XC40 T4 MOMENTUM」の2.0Lエンジンは、とても力強いという加速フィールではないものの、街中を中心としたシーンでも過不足ないといったところ。

もう1台試乗した4WDの「T4 AWD MOMENTUM」よりも60kg軽いこともあって、若干ですが軽快感でも4WDよりも上回っている感じを受けます。

過給が始まるまでの間は低速域では少し線の細さを抱かせるものの、1400-4000rpmという常用域で最大トルクを発揮するだけあって、過給が始まってしまえば、周囲を十分にリードできる速さを堪能できます。

兄貴分のXC60と比べると、柔和なスタイルに見えるXC40は、弟分というよりも出来のよい妹という雰囲気が漂っていますから、バランスの良さではT5よりもT4の方がいいかもしれません。

軽い手応えのパワーステアリングや、ふんわりとした乗り味、少しロールを許しながらゆったりとコーナーをクリアしていく雰囲気もボルボらしく、標準サイズの235/55R18タイヤであれば、乗り心地もソフトですから輸入車ビギナーにもオススメできる仕上がりになっています。

(文/塚田勝弘 写真/井上 誠)

『読み上げ動画』の最新記事

やはりカローラといえばセダン!? 新型カローラ/レビンを世界初披露へ【広州国際モーターショー2018】【読み上げてくれる記事】
【新車】人気限定車の4WD+6MT仕様が再登場。「Fiat Panda 4×4 Italiana」はイタリアンな3色を設定 【読み上げてくれる記事】
【三菱アウトランダーPHEV試乗】パワフルでスムーズ。上質な乗り心地と高い静粛性の4拍子揃う【読み上げてくれる記事】
【直撃!! 噂の真走】スピード違反の国内最高速度だと!? 時速280キロで走行の30代男が書類送検!【読み上げてくれる記事】
スバルも2018-2019日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)を辞退へ【読み上げてくれる記事】