やはりカローラといえばセダン!? 新型カローラ/レビンを世界初披露へ【広州国際モーターショー2018】【読み上げてくれる記事】

トヨタは、2018年11月16日に開幕する中国の「広州国際モーターショー」において、新型カローラ シリーズのセダン(中国名:カローラ/レビン)を世界初披露すると発表しました。

トヨタのブースでは、新型カローラ、新型レビンなどの商品に加えて、ハイブリッドユニットなどの電動化技術が展示されるほか、モビリティ・カンパニーへの変革に取り組むなかで中国においても重要なテーマである「知能化」や「情報化」の技術・サービスに関連する展示も予定としています。

現行カローラは、日本で発売済みのカローラ スポーツ(ハッチバック)、10月のパリモーターショーでワールドプレミアされたツーリングスポーツ(ワゴン)があり、いよいよ本命!? のセダンが登場することになります。

(塚田勝弘)

『読み上げ動画』の最新記事

実車よりも入手困難!? 「GRスープラ」はミニカーも熱い! 【読み上げてくれる記事】
新型Mazda3の「M Hybrid」に東芝のリチウムイオン二次電池「SCiB」が採用 【読み上げてくれる記事】
新型スープラの0-100km/h加速は、BMW・Z4 M40iより0.1秒速いと判明 【読み上げてくれる記事】
自動運転の規定整備とともに「ながら運転」への罰則強化。「改正道路交通法」が参院で可決 【読み上げてくれる記事】
新型トヨタ・RAV4 ダイナミックフォースエンジン」を積む2.0Lガソリンのオンロードの走りは?【読み上げてくれる記事】