【CR-V・ハイブリッドモデル試乗】基本的にEV、最適時にエンジンが起動する「i-MMD」。エンジン起動時のフィールはより自然に【読み上げてくれる記事】

新型CR-Vのハイブリッド仕様「ハイブリッドEX マスターピース」(全長4605×全幅1855×全高1690mm・車重1700kg)に試乗しました。駆動方式は4WDで、価格は436万1040円です。

システムにはヴェゼルやフィットなどに使われている1モーターのi-DCDとは異なり、モーターを2つ使用するi-MMDが採用されています。これはステップワゴンやオデッセイ、アコードなどと同タイプです。

一般的にハイブリッドというとエンジンとモーターが半々ぐらいで作動するようなイメージがあると思います。しかし、このi-MMDは基本的にはモーターで走るEVがベース、と考えると理解しやすくなります。

通常走行時はEVとして、バッテリーに蓄えられた電力でモーターを動かしタイヤを駆動します。

強い加速力が必要な場面ではエンジンが起動して発電、その電力がモーターに加わります。このときエンジンが発電のために使うのが第2のモーターというわけです。

これによってパワフルな走りが可能になります。

そして、高速道路での一定速走行などエンジン単体運行のほうが効率がいいと判断された場合のみ「エンジンドライブモード」というものに移行します。これはエンジンのパワーを直接タイヤに反映させるというもの。このときメーター内のパワー遷移モニターにはエンジンとタイヤの間に歯車マークが現れ、直結されたことを知らせます。

ちなみに歯車マークの出現率は、志村けんの『だいじょうぶだぁ』に新作コントが含まれる率よりも圧倒的に低く、限られた条件下で発生する「エンジンドライブモード」以外ではエンジンとタイヤが直接関連することはありません。

だから冒頭で言ったようにCR-VハイブリッドはEVだと考えた方がわかりやすくなるのです(厳密に言うとシリーズハイブリッドに近い)。

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】