【DEBUT】話題のAクラスに、306psを誇る「メルセデスAMG A35 4MATIC」が誕生!【読み上げてくれる記事】

Mercedes-AMG A35 4MATIC

メルセデスAMG A35 4マチック

クルマに話しかければ様々な機能に対応することで話題となっているメルセデス・ベンツAクラス。そのAクラスの強化仕様となる「メルセデスAMG A35 4MATIC」が早くも登場した。2リッター直列4気筒ターボエンジンを搭載し、AMGスピードシフトの7速DCTを介して、306psのパワーと400Nmというトルクを発揮する。もちろん、車名にも記されているようにAWD=全輪駆動式を採る。

事実上、Aクラスはエントリーモデルにあたるが、それでもメルセデスAMGだけにパフォーマンスは高い。最高速度は自主規制によって250km/hに抑えられてはいるものの、0→100km/h加速は4.7秒を誇り、AMGパフォーマンス4MATICによる前後トルク配分も50:50まで自動調整されるというからトラクション性能にも期待できそうだ。

当然、エクステリアも魅力的なフィニッシュを見せる。AMGエアロパッケージが装着されたそのスタイリングは、イメージカラーのイエローと相まって実にスポーティ。フロントエプロンにAMG専用のラジエーターグリル、さらにリヤにもエプロンを設けるうえデュフューザーブレードも装備するほか、サイドエプロンやテールウイングを与えるなど、スパルタンな印象に仕上げられている。そのほか、AMG専用となる19インチホイールも装着される。

そしてこれまで通り、発売記念として「Edition 1」も用意されるという。18ヵ月間限定で発売され、これにはAMGエアロダイナミクスパッケージのほか、AMGナイトパッケージも含まれるうえ、センターロック風のデザインをもつ光沢仕上げの19インチホイールなどを採用し、一部にはテックゴールドと呼ばれるアクセントが入るという。

日本仕様はまだ未定だが、本国のリリースによれば、A35 4MATICの欧州価格は47,528.60ユーロ(日本円で約610万円)。納車は2018年12月からを予定しているというから、そう遠くないうちに日本でも発表されると思われる。

(GENROQ Web編集部)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事