レクサスES用「デジタルアウターミラー」の室内モニターには後付け感有り?【読み上げてくれる記事】

トヨタ自動車が新型レクサスESにオプション設定した、量産車で世界初となる「デジタルアウターミラー」が話題を呼んでいます。

従来のドアミラー部に設置したカメラで撮影した車両後方の映像を室内フロントピラー付け根の5インチ・モニターに表示するもので、天候の影響を受けにくく、優れた視認性を確保。ミラーを小型カメラに置き換えたことで筐体を小型化。斜め前方の見通しを改善、風切音低減にも寄与しているそうです。

一方、車室内のモニターは圧迫感が無いように薄型化する等の配慮はされていますが、見方によっては後付け感があるのも事実。

では、そもそも、なぜモニターを独立タイプにしたのでしょうか。

その背景には開発した商品の「投入タイミング」や、他モデルへの展開時の「汎用性」「視認性」「新規性を際立たせたい」「オプション品」などの理由があったと予想されます。

今後はドアトリムやインパネ両サイドへの埋め込みタイプ、メーターフード内に配置した車種などが登場する可能性が高そうです。

ちなみに、デジタルアウターミラーはカメラ、ECU、ディスプレイで構成されており、CMOSカメラはパナソニック製、ECUはDENSO製、ミラーユニットは東海理化製となっています。

レクサスES用のデジタルアウターミラーは「バージョンL」にメーカー・オプションで設定されており、価格は21.6万円。レクサス用のオプション品だけに、比較的高価な設定になっており、今後の他モデルへの展開時の構造や価格が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、DENSO)

【関連リンク】

Lexus ES
https://lexus.jp/models/es/

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】