新型トヨタ・スープラの味付けには「モリゾウ」豊田章男社長も参画【読み上げてくれる記事】

正式発表前の次期トヨタ・スープラ(A90型)。独ニュルブルクリンクで開催された「VLN」耐久選手権最終戦に登場して会場を沸かせました。

実は豊田章男社長も「モリゾウ」として当日、同車のステアリングを握ったそうで、自身が出演するFMラジオ番組「DJ MORIZO HANDLE THE MIC」の中でその様子を語っています。

モリゾウ氏によると、発売前のテスト車両をニュルに持ち込んだ目的は1周約25km、高低差300m、コーナー数170を超える厳しい環境の中で同車の最後の味付けをするためだったそうで、自身も社内のマスター・ドライバーとして評価に参画。

モリゾウ氏が故成瀬氏からニュルでドライビング・レッスンを受けていた頃、同サーキットで開発を進めるポルシェやアウディ、VW等の欧州車メーカーから「トヨタはこういうことができないだろう?」と言われ、非常に悔しい思いをしたそうで、それが現在の「もっといいクルマづくり」の原点になっているそうです。

新型スープラは、BMWとの共同開発による新世代の3.0L直6ターボエンジン(340ps)を車両前部に搭載。BMW Z4の兄弟車として開発され、後輪で駆動するFR方式を採用。

トヨタは今年7月、英国の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」において、開発責任者である多田哲哉チーフエンジニアが自らステアリングを握り、同車の走りを披露しており、10月2日にはドイツ・トヨタが国内向けに300台限定で同車のオンライン受注を開始しました。

2002年のスープラ生産終了後も復活を待ち望むファンが多いなか、次期モデルのワールドプレミアが近付いているようで、トヨタが送り出す本格スポーツカー新型「スープラ」の発売が大いに待たれます。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA、ZIP-FM)

【関連記事】

トヨタが新型「スープラ」のオンライン受注を開始。ドイツ国内限定で300台
https://clicccar.com/2018/10/02/635513/

来春発売!? 次期スープラの自慢は、加速&減速時に発するエンジンサウンド
https://clicccar.com/2018/09/12/628052/

新型「トヨタ・スープラ」の車体カモフラージュ作業が動画で公開!
https://clicccar.com/2018/09/10/627506/

2019年春発売?トヨタ入魂の本格スポーツカー「5代目スープラ」開発を追う!
https://clicccar.com/2018/09/05/625689/

次期トヨタ「スープラ」の開発に込めた多田チーフエンジニアの想いとは?
https://clicccar.com/2018/07/30/613666/

【関連リンク】

ドイツ・トヨタ
https://www.toyota.de/motorsport/neue-toyota-supra.json

ZIP-FM 「DJ MORIZO HANDLE THE MIC」
http://zip-fm.co.jp/program/handle_the_mic/

『読み上げ動画』の最新記事

【ボルボXC40 T4 MOMENTUM試乗】現在最も人気のボルボSUVの実力は? 【読み上げてくれる記事】
やはりカローラといえばセダン!? 新型カローラ/レビンを世界初披露へ【広州国際モーターショー2018】【読み上げてくれる記事】
【新車】人気限定車の4WD+6MT仕様が再登場。「Fiat Panda 4×4 Italiana」はイタリアンな3色を設定 【読み上げてくれる記事】
【三菱アウトランダーPHEV試乗】パワフルでスムーズ。上質な乗り心地と高い静粛性の4拍子揃う【読み上げてくれる記事】
【直撃!! 噂の真走】スピード違反の国内最高速度だと!? 時速280キロで走行の30代男が書類送検!【読み上げてくれる記事】