新型トヨタ・スープラ、噂の3リットル直6エンジンも見えた!ニュルブルクリンク・デビューで捉えた詳細画像を一挙公開【読み上げてくれる記事】

新型トヨタ・スープラ(A90型)が、ドイツ・ニュルブルクリンクで開催された「VLN」耐久選手権最終戦でデビューを飾りました。

参戦したのはSP8Tクラス(2600ccから4000cc以下の市販ターボ)です。「GAZOO Racing A90」として参戦した車両は、ハンガー・ブタペストで捉えたレーサーモデル同様にOMPホイールに大型ブレーキディスクを装着。カーボンファイバーのドアパネルを持っていますが、ボディナンバーは「A90」に変更されています。

また、6連ヘッドライトやエアインテークもクローズアップで初めて捉えることができました。

室内もセンターコンソール部分を鮮明に捉えました。専用のシフターやコマンドコントローラーを装備し、カーボンファイバーパネルが採用されています。初めて開いたボンネットの中には、最高出力300ps以上を発揮すると公表されている、BMW製3リットル直列6気筒「B58型」エンジンが確認できます。

新型スープラは、既にオンライン先行予約がイギリスで開始され、300台が完売。市販型のワールドプレミアは2019年1月のデトロイトモーターショーが有力とされていますが、11月のロサンゼルスモーターショーでのサプライズ公開もあるかもしれません。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】