【新型CX-8登場】スタビライザー径変更、窓の接着方法改善での静粛性アップなど、マツダらしい細かい改良部分に注目【読み上げてくれる記事】

マツダの3列シートSUV・CX-8が改良を受けました。新型の予約は既に開始されており、発売は11月29日からとなります。

CX-8は2017年9月に発表し、12月に発売開始されたモデル。デビューからちょうど1年が経過したばかりなのですが、すでに3万台を超える受注を達成するヒットモデルとなりました。

今回の改良では従来2.2Lディーゼルターボエンジンのみだったラインナップに、2.5LガソリンNAと同ターボ仕様を追加するなどし、より広い層に訴求していこうという狙いがあります。

同時に、マツダらしいきめ細かい改良が行われていますのでいくつか紹介していきます。

まずは従来から装備されていたGベクタリングコントロール(GVC)が今回、「Gベクタリングコントロールプラス」という進化版になっています。

これはコーナーのターンイン時にエンジン回転数を微妙に絞ることでフロントの”入り”を良くしてコーナリングの安定度を高めるGVCに、新機能を加えたもの。コーナー出口でアウト側の前輪にブレーキをかける制御を足してコーナリング最終段階でのスタビリティをアップさせました。

またハード面でもハンドリングの改良は行われています。フロントスタビライザー径を従来の22.2mmから23mmへと拡大して低いG領域での応答性をアップさせ、高いG領域での安定性の増大も狙っています。

一方でリヤスタビライザーはその径を19mmから18mmへと縮小して、高G領域での車両安定性を向上させています。

インテリアに目を移すとエアコン操作スイッチのデザイン変更のほか、フロントアームレストの高さを約15mm下げることで、より多くの人にリラックスした姿勢が供給できるようになりました。

またLパッケージ仕様にはフロントシートに、アテンザなどでも実績のあるベンチレーション機能を採用。これはシートバックと座面に設置された穴から熱くなった空気を吸い出すことで、夏場の蒸れを防ぐというものです。

同じくLパッケージ仕様にはルームミラーの縁取り部分をなくして、すっきりとした見た目のフレームレスインナーミラーも採用しています。

またデビュー当初から静粛性には定評のあるCX-8ですが更なる改善も図られました。たとえばバックドアに装着されたガラスの接着部。塗布する位置を最適化することによって共鳴を抑えています。

さらにラゲッジ下のフロア部分にある制振材の大きさを拡大しするなどして、さらに静かな3列目空間づくりにも努めました。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『読み上げ動画』の最新記事

「マクラーレン720S スパイダー」発表! わずか11秒でクーペからオープンへ【読み上げてくれる記事】
2018-2019 日本カー・オブ・ザ・イヤー発表。2年連続で受賞したのは…【読み上げてくれる記事】
キラキラだけじゃない、質実剛健さも備えるDS7クロスバック【読み上げてくれる記事】
【週刊クルマのミライ】直6エンジンであることがスープラのアイデンティティ。もし4気筒エンジンを積んだなら…【読み上げてくれる記事】
アウディが2025年までに約20の電動化車両を発表へ。約半数がピュアEVに 【読み上げてくれる記事】