【ティグアンTDI 4モーション試乗】ディーゼル+4WDの組み合わせは本命? 安定した走りと低燃費を享受できる【読み上げてくれる記事】

パサート/パサートヴァリアントに続きSUVのティグアン、ミニバンのゴルフ・トゥーランに追加されたフォルクスワーゲンのディーゼルエンジン仕様。

ここでは、ティグアンに追加されたディーゼルエンジン搭載モデルで4WDの「ティグアンTDI 4モーション ハイライン」についてお届けします。車両本体価格は494万円です。

パサート系もティグアン、トゥーランも排気量はすべて2.0Lですが、ティグアン/ゴルフ・トゥーランに搭載されるのは「DFG」型で、150ps/3500-4000rpm、340Nm/1750-3000rpmというアウトプットになっています。

パサート/パサート ヴァリアントは「DFC」型エンジンで、190ps/3500-4000rpm、400Nm/1900-3300rpm。車両重量はセダン、ワゴンを含めて1560〜1630kg。

一方のティグアンTDI 4モーション ハイラインは、パサートヴァリアントよりも100kg重い1730kgとなっています。

ティグアンTDI 4モーションはパサートよりも40ps/60Nmダウンとなっているうえに、SUV化・4WD化による重量増は走りや燃費の面で少し気になります。

7速DSGとの組み合わせになるティグアン TDI。街中(郊外路)から走り出すと、ディーゼルエンジン仕様ならではの分厚いトルク感はあまりなく、動力性能としては正直「並」といったところ。

ただし、高速道路で50km/hくらいからさらに100km/hくらいまで加速させるような中間加速ではパンチ力もあり、踏めば期待に応える加速力を披露してくれます。

最大の美点は、4WDならではの高い走行安定性でしょう。試乗当日はあいにくの雨でしたが、第5世代となるハルデックスカップリングを採用した「4 MOTION(4モーション)」は、前後のトルク配分を「100:0」から「50:50」の範囲で瞬時に変更。

滑りやすい路面でも法定速度内ならトラクションが失われる感覚はなく、本降りの高速走行でも安心してステアリングを握れました。

さらに、同じ日に試乗したトゥーランと比べても、同じ「MQB」を使っているにも関わらずティグアンの方がボディの剛性感が高く、その分ハンドリングや乗り心地の面でもしっかり感がある印象を受けました。もちろん個体差もあるでしょうが、同じMQBでも新しい分だけティグアンの方が走りに関しては、完成度が高く感じます。

「スポーツ」モードに入れるなど、ドライバーがその気になればスポーティな走りにも応えてくれます。装着されていたタイヤは、SUV・クロスオーバー向けのピレリ「スコーピオン・ヴェルデ」。サイズは235/50R19で、こちらは「DCCパッケージ」装着車向けのサイズ。さすがに路面からの当たりは強め。

また、ティグアンTDI 4モーションには、電子制御システムの「4モーション アクティブコントロール」が用意されています。

ダイヤルを回すことで、通常走行に向く「オンロード」「スノー」「オフロード」「オフロードカスタム」の切り替えが可能です。さらに、「オンロード」の中に「エコ」「ノーマル」「スポーツ」「カスタム」「コンフォート」があり、走行状況や好みに合わせて設定ができます。

先述したように、オンロードのスポーツモードにすれば、出足からよりスムーズな加速を引き出せますし、上り坂でも不満を抱かせないパンチ力を味わえるのが美点。

ティグアンTDI 4モーション ハイラインは、ゴルフ・トゥーラン TDI ハイラインよりも4WD化もあって車両重量は100kg重く、燃費は17.2km/Lとトゥーランの19.3km/Lには及びませんが、軽油で済むディーゼルエンジンならではの燃費の良さ、航続距離の長さは大きな魅力といえそうです。

(文/写真 塚田勝弘)

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】