【無限オデッセイ】スポーティなのに高級な乗り心地。排気音質も上級な高いパフォーマンスを持った一台【読み上げてくれる記事】

無限のカスタマイズパーツを装着したオデッセイ ハイブリッドに試乗することができました。

エアロのデザインはミニバンの大きなボディに負けない大胆さがあります。フロント・ロア・スポーツグリルはラジエーター開口部面積を大きく見せる効果もあり、スポーツ度合いを増しています。

フロントアンダースポイラーとサイドガーニッシュは意図的に上下に厚く彫りの深い造形とすることで印象深いフォルムを作っています。

リヤアンダースポイラーはノーマルバンパーの一部をカットしてバンパー下部に被せて装着するタイプのもの。フロント・サイドと揃えたメッキガーニッシュが組み込まれていることも特徴です。

ウィングスポイラーは無限らしい大胆な造形のもの。左右の端部が垂れ下がって翼端板形状になっているのはミニバンではなかなか見られないもので、遠くから見ても無限製だと一目で分かります。中央部分にはメタルエンブレムも付属しています。

スポーツエキゾーストシステムは今回取材したハイブリッド系用の右1本出しのほか、アブソルート用の左右2本出しもあります。

実際に社外で音を聞いてみました。音量は控えめながら迫力ある重低音となっており、カスタマイズをした実感のあるものとなっています。

 

車高が15mm下がるスポーツサスペンションキットを装着したテスト車を、クローズドコース(群馬サイクルスポーツセンター)で試乗しました。

ノーマルの乗り味とは違い、芯が太くなった確かにスポーティーな乗り味になっています。が、全体のフィールとしてはあくまでもオデッセイのキャラクターを外さないジェントルなものでした。

ブレーキパッド「タイプツーリング」によってアップした制動力も好印象でした。踏み始めからしっかりとしたタッチでブレーキが効き、そこからさらに踏み込んでいってもリニアに制動力が増していくので扱いやすいのです。

無限オデッセイは大胆にスポーティーに振った外観に合致する、高いパフォーマンスを持った一台でした。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事