【ホンダN-VAN公道試乗】Nシリーズ初の6速MT。S660ゆずりのシフトフィールでキビキビした走りが楽しい【読み上げてくれる記事】

ホンダNシリーズとしては初めてとなる軽商用バン「N-VAN」が新登場しました。N-BOXのメカニズムを基本しつつ、各部を商用バンとして最適化したN-VAN。

NAエンジンは実用性やコストを考えてVTEC機構を失っていますが、そのかわり(?))に6速MTを手に入れています。ここではNシリーズとしては初となる6速MTに注目してみましょう。

MTユニットの基本設計は、S660と共通しています。ただし、変速比は1〜6速まですべて異なりますし、N-VANには4WDもあるのでミッションケース自体も同じものではありません。もちろん、商用バンとしての駆動力を実現するためにファイナルギアにより全体にローギアード化されています。

そのため空荷状態であれば2速発進も可能、この辺り商用車らしいギア比といえそうです。また6速でも100km/h巡行時のエンジン回転数は4000rpmあたりとなります。NAエンジンの実力を考えると仕方がないことかもしれませんが、いまどきの軽自動車としては高回転側を使うギア比となっているといえます。

走り出すとS660譲りの気持ちよいシフトフィールは受け継いでいることが実感できるのは美点です。さらにクラッチのダイレクト感ではS660を凌駕している部分もありますから、ヒール・アンド・トーといったテクニックを使いこなすドライバーの満足度は高そう。乗用車に比べて遮音に劣る部分もありますが、それによりエンジン音が適度に室内に入ってくるのもスポーティ感の演出となりますし、タコメーターを見ずに適切なシフト操作をするのには役立っています。

インパネシフトとなっているためステアリングと距離が近く、左手の移動が最小限となっているのもメリットといえます。全体として非常に小気味よく、ファンなフィーリングになっているためパーソナルユースでも満足できるMTに仕上がっているといえそうです。ちなみに、パーキングブレーキは最近の軽自動車では珍しいステッキ式となっています。

なお、N-VANの6速MTは全グレードのNAエンジン車、FFと4WDのいずれにも設定されています。

■ホンダN-VAN L Honda SENSING(FF)
車両型式:HBD-JJ1
全長:3395mm
全幅:1475mm
全高:1945mm
ホイールベース:2520mm
車両重量:930kg
乗車定員:4名
エンジン型式:S07B
エンジン形式:直列3気筒DOHC
総排気量:658cc
最高出力:39kW(53PS)/6800rpm
最大トルク:64Nm(6.5kg-m)/4800rpm
変速装置:6MT
燃料消費率:18.6km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:145/80R12
メーカー希望小売価格(税込):1,341,360円

※車両の画像はイメージです

(写真・文 山本晋也)

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】