新型トヨタ・センチュリーの後席は驚異の座り心地! お値段2000万円未満は安い!?【読み上げてくれる記事】

21年振りにフルモデルチェンジした新型・センチュリー。贅を極めた作りにもかかわらずお値段2000万円未満というのは、相対的に安いと思います。

ボディサイズは先代とほぼ共通ですが、プラットフォームからすべて一新しています。搭載ユニットは5LV8+モーターのハイブリッドになりました。

外観では七宝文様という日本古来の伝統工芸で作られたグリルや、「神威」と名付けられ特別に手をかけて塗られた黒のボディカラー(他に「摩周」<ブルーマイカ>等あり)などが特徴です。

しかしセンチュリーといえば圧倒的な特徴は後席です。

座ってみると座面はソフトで高価格なセダン特有のプレミア感覚があります。前席との間隔は超絶に広々。左側に座れば助手席のシート背面中央部分を倒して空いた穴に足を投げ出すことも可能です。

異例なのはシート背面。まるでマシュマロのように柔らかなのです。かといって体が沈み込みすぎることはなく、不思議とホールド性はいいです。

後席アームレストには液晶パネルが埋め込まれており、ここでエアコンやシート角度などの調整が可能です。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事