新型フォレスターの約4割を占める「e-BOXER」 約310万円は「買い」か、走りをチェック【読み上げてくれる記事】

SUVのラインアップ拡充を中期経営計画「STEP」に盛り込んだSUBARU。ここでは、日本向けのSUVラインナップを象徴する新型フォレスターの乗り味についてご報告したいと思います。

フォレスターの旧型と新型をクローズコースで乗り比べると比べると、ボディ剛性の高さやステアリングフィール、足まわりの良さ、静粛性や乗り心地などのあらゆる面で、「2世代分」は大げさかもしれませんが、想像以上の大幅な進化なのが確認できました。

 

予約段階(発表時点)で2.0L水平対向4気筒+モーターという組み合わせのマイルドハイブリッドの「e-BOXER」が約4割というシェアを占めているそう。モーターアシストをターボ的に加速に使うセッティングは、「Sモード」に入れることで街中や郊外路など比較的速度が低い領域で恩恵が得られます。

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事