新車試乗 VW・up! GTTは理想的なホットハッチ!? 刺激的な走りと乗り心地を両立【読み上げてくれる記事】

フォルクスワーゲン up! GTIなどのコンパクトホットハッチは、何度乗っても最高に走りが楽しめます。

up! GTIは、2ドア+6MTという組み合わせで、600台限定で導入されました。ボディサイズは全長3625×全幅1650×全高1485mmで、1.0L直列3気筒ターボ+6MTという組み合わせです。

「EA211」型999ccの3気筒DOHCエンジンは、軽量コンパクトな設計で、2つのカムシャフトに可変制御機構が備わり、燃費とエミッションをケア。

インタークーラー一体式のインテークマニフォールド、シリンダーヘッドと一体化されたエキゾーストマニフォールドという設計によりパワーと燃費を両立しています。さらに、ガソリンエンジン用粒子フィルターを装着し、一酸化炭素(CO)、窒素酸化物(NOx)、炭化水素(CmHm)を削減。

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】