新型ジムニー・シエラ エンジンの排気量拡大/パワーに余裕が出たことでクルージング向きのギアリングに設定【読み上げてくれる記事】

小型車規格のジムニー・シエラに新型が登場しました。

これには従来の1.3Lエンジンに代えて新開発のK15B型1.5Lエンジンが搭載されました。

新型エンジンは最高出力102ps、最大トルク13.3kgmと、パワーもトルクも従来を大きく上回るにも関わらず、単体重量の比較では14kg以上も軽量化しています。

パワーに余裕が出たことから全体のギアリングも見直しがされています。一部のギアだけを比較して判断することはできませんが(ミッション・副変速機・ファイナルが相互関連するため)、開発者によれば全体としてはよりクルージング向きのギアリングになってるとのことです。

シャシーに関してはこのシエラ専用の幅広タイプのホーシングにするとともにホイールも専用の幅広型を採用することで、トレッドが拡幅しています。

このトレッドに対応させるべく前後には非常に大きなオーバーフェンダーがセットされます。

それに合わせる形で前後のバンパーも大きな造形に変更されています。

(写真・動画・文/ウナ丼)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事