スズキ「ソリオ/ソリオ バンディット」が追従クルーズコントロールを新装備【読み上げてくれる記事】

スズキのコンパクト・スライドドア車「ソリオ/ソリオ バンディット」が先進安全装備をグレードアップして、2018年7月20日より新発売となります。

すでにステレオカメラを使う衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」を採用しているソリオ/ソリオ バンディットですが、夜間に歩行者を検知する機能を追加することで、予防安全性能を一段をアップしました。また、ハイビームアシストも追加しています。

さらに、リヤバンパーに内蔵する4つの超音波センサーにより後退時の衝突被害軽減ブレーキとなる「後退時ブレーキサポート」を新採用。前後の予防安全性能を高めたことで、「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」に該当する安全性能を実現しています。

利便性では、ステレオカメラを利用したアダプティブクルーズコントロールの新採用が光ります。カバーする速度域は約40~100km/hとなりますが、先行車に追従して速度を自動的に調整することで、ロングツーリングの快適性と安全性が高まります。

あわせて、15インチアルミホイールやシート表皮を変更した他、ソリオはフロントロアグリルにメッキ加飾を追加、ソリオ バンディットはフロントバンパーやフロントグリルの意匠を変更するなど、商品性を向上させています。

機能面では、すでに4WDに採用済みの助手席シートヒーターを、ハイブリッド(2WD)にも採用したほか、ハイブリッドに設定されている「エコモードスイッチ」をステアリングに移設しています。一部グレードにはパドルシフトも備わりました。上級グレードにはSRSカーテンエアバッグを標準装備することで衝突安全性も上げました。

メーカー希望小売価格は、ソリオが1,459,080円~2,179,440円。ソリオ バンディットが1,944,000円~2,168,640円となっています。

 

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事