電動パワステの開発から生まれた高温でも作動するリチウムイオンキャパシタ 【読み上げてくれる記事】

とはいえ、ジェイテクトは電池屋さんではありません。ご存知のようにパワーステアリングのサプライヤーとして指折りの存在です。じつは、この高性能キャパシタが生まれたのは電動パワーステアリングの機能アップがきっかけだったといいます。

SUVムーブメントの中、大きくて重いタイヤを据え切りするニーズが生まれています。そのためには一時的にパワーステアリングのアシスト量をアップさせる必要があります。そこでジェイテクトが考えたのは12~14Vで動いている従来のパワーステアリングユニットに、6V程度の別電源をアドオンすることで、据え切り時などだけ18~20Vで動かそうというアイデアです。

しかし、パワーステアリングのために別電源を確保するというのはパッケージなどの要件から非常にむずかしい面があります。そこで「コンバーターも冷却装置も不要な高耐熱リチウムイオンキャパシタを開発すれば、コンパクトにパワーステアリングの性能アップを実現できる」と考えました。そのために生み出されたのが、今回展示された高耐熱リチウムイオンキャパシタです。

しかし、冷却装置が不要なことによりコンパクトに収めることができるメリットを電動パワーステアリングだけに使うのはもったいない話。そこで、電動パワーステアリングの性能アップに利用するのはもちろん、クルマに限らず電動シフトの進む産業機器などでも活用していきたいとジェイテクトは考えているのです。

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事