電動パワステの開発から生まれた高温でも作動するリチウムイオンキャパシタ 【読み上げてくれる記事】

2018年5月23日より、パシフィコ横浜にて日本最大級の自動車技術展示会「人とくるまのテクノロジー展2018 横浜」が開催されています。公益社団法人 自動車技術会の主催により1992年から開催されているという一大イベントには、過去最多となる597社が出展しています。

各社が自慢の技術や社会を変えるイノベーションを展示していますが、電動パワーステアリングで知られるジェイテクトがアピールしていたのは、意外にも『高耐熱リチウムイオンキャパシタ』でした。

キャパシタの中でもエネルギー密度が高いことがメリットとなるリチウムイオンキャパシタは、電池とキャパシタのハイブリッドといえる特性を持っていますが、これまでの製品は車載として考えると耐熱性に難があったといいます。なにしろ、車載で使うには下はマイナス40度、上は85度といった幅広い領域で稼働することが求められます。

今回、ジェイテクトが開発したリチウムイオンキャパシタは、その車載で求められるマイナス40度~85度の領域を超える温度でも正常に作動する高い耐熱性を実現したことがビッグニュースです。ブースで流されていたデモムービーでは沸騰したお湯の中でも正常に作動している様子が映し出されていたほどです。

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事