2020年東京オリンピックで「空飛ぶクルマ」は空を飛べるか?【読み上げてくれる記事】

世界各地で「空飛ぶクルマ」の開発が進められる中、日本人の手で日本の空を初めて飛ばしたいという想いでスタートしたという「CAR!VATOR(カーティベーター)」。

この有志の活動で共同代表を務める2人は、ともにトヨタ自動車出身ということもあり注目を集め、現在はトヨタ・グループだけでなく、NEC、パナソニックなどの支援を受け、まずは「2020年の東京オリンピック開会式での聖火点灯」、「2050年には誰もが飛べる時代を創る」という目標を掲げているそうです。

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事