ダイハツ・ウェイク試乗 作り込まれたアイデア!3通りに使えるラゲッジの「床」【読み上げてくれる記事】

高さ方向に余裕ありまくりの、超スーパーハイト軽自動車がダイハツ・ウェイクです。

そんなウェイクの荷室にあるアンダーボックスのフタにはなんと3つの役割があることをご存知でしょうか。

1つ目は(当然ですが)アンダーボックスのフタとしての役割です。

ちなみにこのフタの表面は水をはじく素材となっていますので、汚れたアウトドアグッズをそのまま載せたとしても、拭き掃除がとても楽です。

2つ目は、このフタ自体が独立して使えるテーブルになっているということです。アンダーボックスのフタを取り外し、その裏面に格納されている足を4本ともガチャンと開けば、アウトドアでの食事等に便利なテーブルになるんです。

そして3つ目はに荷室を高い位置で間仕切りする役割です。前述のテーブル状態にセットしたアンダーボックスのフタを、そのままウェイクの荷室にセットしてやります。

すると高い位置で荷室を間仕切りしてやることが可能になるのです。

これによってウェイクの持ち味である高さ方向の余裕を活かした、効果的な二分割カーゴルームが出来上がるというわけです。

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事