5代目トヨタ「RAV4」、高まるSUV人気のなか日本でも2019年春に発売へ【読み上げてくれる記事】

世界的にSUVの人気が高まっている中、トヨタ自動車が来春国内発売を予定している新型「RAV4」。先頃「ニューヨーク国際自動車ショー2018」でワールドプレミアされました。

豊富な商品ラインナップを持つトヨタですが、国内市場向けのクロスオーバーSUV(フレームレス)と言えば意外にも「C‐HR」と「ハリアー」のみの状況で、販売店からのニーズも高まっていた模様。

1994年に発売され、今日のクロスオーバーSUVブームの先駆けとなった初代RAV4から数えて5代目となる新型の車体サイズ(北米モデル)は、全長4,595mm、全幅1,855mm、全高1,700mmと堂々としており、ホイールベースも2,690mmと4代目比で30mm長くなっています。

カムリにも使用されているTNGA-Kプラットフォームを採用しており、基本コンポーネントを流用しつつRAV4用に最適化。

パワートレーンには2.5L直4直噴ガソリンエンジン+8速ATと、2.5Lハイブリッド(THSⅡ)の2タイプが用意されており、前者には新4WDシステムの「ダイナミックトルクベクタリングAWD」、後者(HV)にはモーターで駆動する後輪の最大トルクを従来比で1.3倍に増やした新型「E-Four」がそれぞれ採用されています。

エクステリア、インテリアは「XSEハイブリッド」、「リミテッド」、「アドベンチャー」の各グレードごとに差別化。

「RAV4」は初代モデル発売以降、米国を中心に昨年末までに世界で累計812万台を販売するトヨタの世界戦略モデルの一つとなっており、来春とされる5代目の日本発売にも期待が高まります。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

『読み上げ動画』の最新記事

GT-Rキラーの異名を持つ伝説のサバンナ(RX-3)に現代のチューン&カスタム技術を注入! 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】メルセデス・ベンツブースは新型Aクラスの「話すクルマ」「メルセデスAMG GT 4ドア・クーペ」に注目【読み上げてくれる記事】
2018年暦年の登録車販売台数ナンバー1は日産・ノート。「e-POWER」効果で初の首位に輝く 【読み上げてくれる記事】
【東京オートサロン2019】STIのファンイベントを3/10に富士スピードウェイで初開催! 【読み上げてくれる記事】
「空飛ぶクロネコ」サービスを2025年までに実現! ヤマト運輸がベル社とeVTOLを共同開発 【読み上げてくれる記事】