クーペより刺激的!? BMWの新型SUV「X2」、カブリオレを開発中【読み上げてくれる記事】

日本で発表されたばかりのBMW最小クーペSUV『X2』に、カブリオレが設定される可能性が高いことが分かりました。

最新情報と共に入手したレンダリングCGからは、ベースモデルよりシェイプされたヘッドライト、拡大された空気口などアグレッシブな専用デザインが与えられていることが確認できます。

ライバルはランドローバー・レンジローバー「イヴォーク コンバーチブル」です。「イヴォーク」がソフトトップなのに対し、「X2」はリトラクタブル・ハードトップが予想され、差別化を図るようです。

パワートレインは、アイシン製8速ステップトロニックまたは7速DCTと組み合わされる、2リットル直列4気筒ガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンのラインアップが予想されます。

また、最高出力300psを発揮する2リットル直列4気筒「B48」エンジンのアップグレード版搭載モデル『X2 M35i カブリオレ』の投入も注目です。そのほか、パフォーマンス志向の「M」モデルなど、今後のバリエーションにも期待がかかります。

「X2 カブリオレ」の発売は2020年以降となるようです。

(APOLLO)

『読み上げ動画』の最新記事

BMW X7、日本上陸! 最新の運転支援システムを搭載した最上級ラグジュアリーSAV 【読み上げてくれる記事】
ニュルブルクリンク24時間に参戦するSUBARU WRX STIの足元を支える「ファルケン」タイヤ 【読み上げてくれる記事】
スーパーGTやスーパー耐久で走っている「GT3」は、ルマンに出られない!? GT3とLM-GTEって何が違う?【読み上げてくれる記事】
2019年ル・マン勝利でトヨタが2018-2019WECスーパーシーズンを制覇。1000馬力のロードスポーツカー開発も本格始動!【読み上げてくれる記事】
BMW 3シリーズに待望のステーションワゴン「ツーリング」を追加! 【読み上げてくれる記事】

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事